MMA

MMAとは?

MMAとはMixed Martial Artsの略称です。いわゆる総合格闘技のことです。総合格闘技とは、総合の名前に相応しく、打撃(パンチ、キック)、投げ技、固技(抑込技、関節技、絞め技)など世界中のあらゆる格闘技や武術の、さまざまな打撃技、組技、寝技で構成され、ルールによる攻撃手段の制約を最大限排除したうえで競い合う格闘技のことです。

オープンフィンガーグローブ(4~6オンス)、マウスピース、ジョックストラップの着用が義務付けられる他、上半身は裸(女性はもちろんブラトップをつけます)、下半身には膝上以上のスパッツかトランクスを着用して試合を行う。膝当て、道着、ロングスパッツの着用は認められません。シューズの着用は競技団体によりますが、現在は基本的に認められていません。

元々、総合格闘技とは、古代中国では、中国武術、ボクシング、レスリングが組み合わさった「擂台」、古代ギリシアでは、ボクシングとレスリングが組み合わさった「パンクラチオン」が存在していました。

19世紀半ばにはフランスで「サバット」が隆盛し、1852年にサバットとイギリスのベアナックル・ボクシングとの対抗戦が開催された。このような試合は19世紀後半から20世紀半ばにかけても組まれ続け、1905年に柔道家との対戦、1957年にプロボクサーや空手家との対戦などが組まれた。

その後、19世紀後半には、イギリスのレスリングやインド伝統レスリングのぺヘルワニーなど世界の様々なスタイルのレスリングが組み合わさった格闘技で、後世で総合格闘技に多大な影響を与える「キャッチレスリング」が登場しました。

1880年代後半、キャッチレスリングを習得したキャッチレスラー達が、ヨーロッパ各地で開催されたトーナメント戦や、ミュージックホールなどで行われた挑戦者応募試合で闘いました。

アメリカ合衆国では、1887年にボクサーとキャッチレスラーが近代で初めて対戦し、当時のボクシング世界ヘビー級王者ジョン・L・サリバンとキャッチレスリング王者ウィリアム・マルドゥーンが試合を行った。1890年代後半には、後にボクシング世界ヘビー級王者になるボブ・フィッシモンズがキャッチレスリング欧州王者のアーネスト・ローバーと対戦。1901年9月には、フランク・スラビンとフランク・ゴッチが対戦しました。

今日の総合格闘技に大きな影響を与える「ブラジリアン柔術」「バーリトゥード」に始まります。バーリトゥードとは、ポルトガル語で「何でもあり」という意味です。

バーリトゥードは1920年代に始まり、後に「グレイシーチャレンジ」によって有名になりました。グレイシーチャレンジはグレイシー一族が様々な格闘技の猛者や道場破りと対戦するもので、カーロス・グレイシーとエリオ・グレイシーによって始められた。

1980年3月20日、アメリカ合衆国で初めてルール化された総合格闘技の大会「タフガイ」が、CVプロモーションによってペンシルバニア州ニューケンジントンで開催された。その後10大会を継続開催したが、全く無関係のボクシング大会「タフマンコンテスト」で死亡事故が起こったことも重なり、1983年にペンシルバニア州上院議会で総合格闘技を事実上禁止する法案が可決されました。

現在の総合格闘技の王道は、1993年、「UFC」が設立されます。The Ultimate Fighterシーズン1をきっかけに人気を博し、2006年にはPPVの年間販売件数でボクシングを上回りました。日本でも、1997年、「PRIDE」が設立し、一世を風靡したのは懐かしい思い出ですね。その後、2007年、UFCがPRIDEを買収し統合し、現在に至ります。