溶岩ホットヨガは、スタジオ内に敷き詰められた溶岩プレートの上で行われます。火山の噴火などで噴出したマグマが冷えて固まった天然の溶岩プレートを温め、高温多湿の環境の中でヨガを行うのです。スタジオ内は39度前後、湿度60%に保たれ、その中でヨガを行うことで大量の発汗を促すことが特徴的です。

溶岩ホットヨガ
溶岩ホットヨガとホットヨガの違い

01 溶岩ホットヨガとホットヨガの違い

溶岩ホットヨガと同様に、高温多湿の環境で行われるヨガとしての「ホットヨガ」が知られています。単なるホットヨガの場合、スタジオの加湿や加温には、暖房や加湿器などの空調設備を使用します。しかし溶岩ホットヨガの場合、天然鉱石のプレートを温めることで、熱や遠赤外線、水蒸気が発生して高温多湿の環境が作られています。

つまり、ホットヨガは人工的な温かさ、溶岩ヨガは自然の熱による温かさで温室を作り出しているという違いがあるのです。そして、これは単なる人工的な暖かさと自然の熱による暖かさの違いというだけではなく、搔く汗を全く別種のものとします。詳しくは、2種類の汗による違いについての記事をご覧ください。

02 溶岩ホットヨガとホットヨガではかく汗の種類が違う

詳細は2種類の汗による違いのページに説明は譲りますが、溶岩ホットヨガでは、通常のホットヨガと違い、アポクリン腺という汗腺が刺激され、そこから発汗します。これは長時間の入浴やフルマラソンなどで体が心底温まった場合にしか発汗しない汗です。

よくホットヨガというとただヨガを暑いところでやるだけというイメージがありますが、確かに通常のホットヨガではその通りかもしれませんが、溶岩ホットヨガは暑いだけではなく、まさに岩盤浴や入浴と同じようなお風呂に入りながら運動するような効果が得られるのです。

03 医学療法にも用いられる遠赤外線効果が得られる

溶岩からは、遠赤外線(▶遠赤外線効果についての詳細)が放射されています。遠赤外線は、紫外線のように目に見えない光線の一つであり、ものを内側から温めることができることから、「熱線」とも呼ばれています。表面的に体を温めた場合、その温かさはすぐに失われてしまうことがほとんどですが、遠赤外線の場合、内側からしっかりと温めるため、その温熱効果は72時間持続するともいわれています。

そのため溶岩ホットヨガでは体を内側からしっかりと温めることができるため、血行促進や血流改善をサポートしてくれます。また、血流の促進によって、疲労回復や冷え性の改善が期待出来るわけです。

04 ミネラル、とりわけバナジウムの効果

また、今岩盤浴の話をしましたが、溶岩は岩盤とも違い、溶岩は、岩盤に比べて温度が高くなりやすく、遠赤外線の放射率も高いため、溶岩ホットヨガは体を芯からしっかりと温め汗をかきやすくしてくれるといわれています。さらに、溶岩に含まれるミネラル成分は岩盤の倍以上といわれているため、マイナスイオンが発生しやすく、高いリラックス効果が期待できるという点で岩盤よりもより効果的です。

特に、溶岩に含まれているミネラルは、溶岩プレートを温めることで、水蒸気とともに空気中に放出されます。スタジオ内に広がったミネラル成分は、深い呼吸によって体内に取り込まれていきます。ミネラル成分の中でも、バナジウムには、血圧や血糖値、コレステロール値を低下させる作用があるとされており、生活習慣病への効果も期待できます。

05 リラックス効果

ヨガの深い呼吸には、心身をリラックスさせる効果があります。それに加えて溶岩ホットヨガでは、溶岩プレートから放出されるマイナスイオンでさらなるリラックスを促すため、ストレスの緩和や精神的な癒しの効果が期待できます。

このように溶岩ホットヨガでは、老廃物を溜め込みづらい、めぐりの良い身体作りをサポート。滞ってしまった血流やリンパの流れを促進、内臓機能を高め、むくみ・冷え・便秘の解消、内側からの美・健康作りを促進します。

スポーツ庁のコロナ禍におけるスポーツの効能

最近の記事

  1. GW(ゴールデンウィーク)特別レッスンのお知らせ

  2. 4月のレッスンスケジュール【NEW】

  3. 3月のスケジュール【NEWS】

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP