ハイキックは予備動作が若干大きい蹴りですが、ミドルキックと違ってキャッチされるリスクもローキックのようにカットされるリスクもなく、空振りして背中を見せるぐらいの大ぶりのキックを打たない限りリスクの低い蹴りです。もちろん、モーションが大きく、相手にブロックされる可能性はミドルキックやローキック以上にありますが、ガードの腕を痛める意味でも使えるキックです。また、相手の顎やテンプル、首筋(頸動脈)に当たれば一発KOもあり得る攻撃的なキックなので、ぜひ狙ってみましょう。また、近年MMA(総合格闘技)では、パンチ主体に戦い方が組まれることが多いものの、キックの中では、ローキックやミドルキック以上によく使われるキックです。

鞭のようにしならせて蹴る

蹴り方は、オーソドックススタイルなら左足をサウスポースタイルなら右足を、というように前足を斜め前にアウトステップし、その前足を軸足にして腰の反動・回転を使いつつ蹴り足を高く上げます。このとき重心を若干後ろにすると蹴りやすいです。ポイントとしては、軸足を前に出したときにカラダを捻るようにし、そのひねりを解放しながら蹴り足を上げていきます。また、ミドルキックと同様に軸足をしっかり回すことが大事です。母趾球(ぼしきゅう)、つまり、つま先足立ちし、軸足を回し、軸足の踵が相手に向くまでしっかりと回すことで威力が上がります。インパクトの瞬間に押し込むように蹴ると良いです。また、余り力まずにリラックスした姿勢(脱力)してから、足を鞭のように回すようにして蹴りましょう。

このようなハイキックは非常に威力もあり、見た目も派手ですが、予備動作が多いため、相手にブロックされるのは当然として、バックステップやスウェーバックで躱されたり、MMA(総合格闘技)の場合は、タックルに入られる可能性があります。なので、あまり威力を重視して振り切るより、素早く蹴り、素早くファイティングポーズに戻れるように意識して蹴りましょう。また、ミドルキックからハイキックに変化させることなど、蹴り方も一様にせずに、変化をつけて蹴っていきましょう。

キックボクササイズの効果について

WITHコロナ時代におけるスポーツの効能(スポーツ庁)

最近の記事

  1. GW(ゴールデンウィーク)特別レッスンのお知らせ

  2. 4月のレッスンスケジュール【NEW】

  3. 3月のスケジュール【NEWS】

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP