パンチの威力を上げたいなら、フォロースルーを意識することが大切です。一般のボクササイズのレッスンなどでは全くこの点が解説されたり教わることがないので、ただでさえ手打ちのパンチを習う上に、フォロースルーの効かない全く威力のないパンチを教わりがちです。

そもそも、フォロースルーとは腕(拳)を最後まで振り切ることを意味しています。フォロースルーのかかったパンチは、どこまでも伸びていく感じです。標的に対して直角に拳が当たり、その方向に対して真っ直ぐフォロースルーが効いたパンチが理想的です。

フォロースルーを効かせるための効率的な練習としては、腕を伸ばして相手の肩をプッシュするという練習をすると体感として掴みやすいと思います。腕を曲げずに伸ばして、相手の肩に手を置き、腕が伸びた状態をキープしたまま自分の肩を使って相手の肩を押します。腕が伸びたまま、自分の肩が自分の顔よりも前に出るようにします。この動きがフォロースルーと同じ使い方になっています。

この時の注意点としては、相手の体を押した時に、肩が自分の顔より前に出ない、あるいは自分が後ろに押されたり、肘が曲がっているとフォロースルーが効いていないことになります。しっかりと腕を伸ばしたまま自分の顔が肩より前に出るようにしっかりと出した腕を伸ばしきることが大事です。

ボクシングのパンチで大切なのは伸びです。もちろん、スピードも大切ですが、スピードのあるパンチは勘や慣れで外すことも出来ますが、伸びのあるパンチは見えていても外せない事があります。目測を狂わせるのがポイントですストレートパンチに限らずフックアッパーもこれに該当します。伸びの正体は、このフォロースルー。特に遠距離で戦う時のパンチにぴったりです。ボクササイズをしながらでも、強いパンチを打ちたい方はフォロースルーを今一度意識してみましょう。

ボクササイズの効果

ボクササイズのオススメPOINT

スポーツ庁のコロナ禍におけるスポーツの必要性の記事

最近の記事

  1. GW(ゴールデンウィーク)特別レッスンのお知らせ

  2. 4月のレッスンスケジュール【NEW】

  3. 3月のスケジュール【NEWS】

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP