ボクシング(ボクササイズ)のところには書かずにMMA(総合格闘技)の項目でこのパンチを書いたのは、ロシアンフックはボクシングルールで打った場合反則になってしまうからです。ロシアンフックというのは、元々は、ロシア人のMMA選手イゴール・ボブチャンチンがよく使っていたことで有名になったパンチですが、このパンチはナックルではなく、手の甲で殴るパンチです。裏拳みたいなものですね。なので、ボクシングでは、反則になってしまいます。仮に、ロシアンフックを打つならロシアンフック風のスイングパンチということになるでしょう。

これはロシアンフックではなく普通のフックの写真です。

さて、このロシアンフックですが、打ち方のポイントは、ボクシングの練習などで肩抜きしているときのように、肩を抜いて、肩で腕を回して手の甲の部分を相手の顔面へ当てます。スイングパンチとほぼ打ち方は同じです。ただ、決定的に違うのが手の甲を当てるというところです。キックボクシングでも武尊選手などが打つフックもスイング気味のフックが多いと思いますが、手の甲を当てずにナックルでしっかりと当てるならボクシングでも当然有効です。ちなみに、この打ち方は肩や肘に負担を結構与えるので、あまりサンドバッグに思いっきり殴らないようにしましょう。自分の肩や肘が痛くなります。

WITHコロナ時代におけるスポーツのメリット(スポーツ庁)

最近の記事

  1. GW(ゴールデンウィーク)特別レッスンのお知らせ

  2. 4月のレッスンスケジュール【NEW】

  3. 3月のスケジュール【NEWS】

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP