胴タックル

胴タックル

胴タックルは、両足タックル片足タックルのように、低い姿勢から入るタックルと違って、相手による膝蹴りなどのカウンターを受けにくというタックルです。つまり、胴タックルは、自分の体勢を崩すことなく入れるタックルのため、相手の膝蹴りによるカウンターを受けずにタックルを行える利点があるタックルです。元々はレスリングのグレコローマンスタイルの技で、たとえば往年のヒクソングレイシーがよく使っていましたね。

胴タックルは、構えた状態より、前足を相手の足の間に素早く踏み込みながら相手の左腕を体と一緒に抱え込みます。もちろん、相手の腰の後ろでしっかりとクラッチを組みます。その後、相手をしっかりと抱えたら体をビタッと密着させて頭部で相手の顎を押し上げながらそのまま後ろへ倒します。

その際に相手のバランスが良くなかなか倒れない場合は、小外刈りや小内刈りで足を引っかけて倒します。

立川ヨガ 立川エリア唯一の溶岩ホットヨガスタジオ「オンザショア」

スポーツ庁のコロナ禍におけるスポーツの必要性

最近の記事

  1. 9月のレッスンスケジュール

  2. 8月のレッスンスケジュール

  3. ハンマートレーニング

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP