ヨガを行うのに最適な時間帯は?

ヨガをするのに効果的時間帯や頻度はあるの?一度に何分やるべき?

実は、ヨガの効果を高めるためには『時間』がカギになります。ヨガは、多くの方に知られているように、身体の歪みを軽減し、内臓や姿勢を正しい位置に戻して、内臓の正しい働きを取り戻し、身体を内側から整えてくれます。深い腹式呼吸や瞑想により身体だけでなく心も整えられて、体幹やインナーマッスルを鍛える事も可能です。このように、心と身体に良い効果があるヨガをぜひとも日常生活に取り入れてみたいけど、はたして1日の間でいつ・どれくらい行うのが良いのか気になりませんか?避けるべきタイミングもあるのでしょうか?そこで、1回で行うヨガの流れやそれにかける時間とともに、効果的なタイミングをご案内します。

洞窟の中でヨガ

01 ヨガは1日の間でいつ行うのが効果的?

ヨガといっても様々な種類があります。特殊な環境で行うヨガ(ホットヨガや溶岩ホットヨガなど)もあれば、自宅でもできる常温ヨガも。そしてその常温ヨガの中にも本当にたくさんの種類があるため、一概に「ヨガは絶対このタイミング!」とはいえません。

たとえばホットヨガや溶岩ホットヨガなど暑いと感じる空間の中で行うヨガは、1日1時間ほどがMAXでしょう。

また、寝る前やオフィス・トイレの中や通勤時などいつでも取り入れられる「隙間時間を活用したヨガ」はおすすめの時間など特になくむしろ、ちょっとした合間に行う事がむしろ効果的といえます。

02 朝・昼・夜、いつがいい?

では朝・昼・夜の中ではいつがもっともおすすめなのでしょうか。これはもっとも良いのが「朝」と「夜」といわれています。

朝日が昇る時間にヨガを行うことは心身をスッキリとさせて、1日を気持ちよく過ごすためにとても良い効果をもたらします。1日の始まりに深い腹式呼吸とともにヨガポーズを行うことで、気持ちがリフレッシュして身体に酸素が十分に行き渡って、身体がリフレッシュするのです(▶早朝ヨガ)。

また夜は、1日の終わりに行うことにより、疲れた身体を充分に柔らかくほぐしてくれ、また適度な運動によって心身ともにさわやかな気分になることができます。デスクワークで滞っていた血流もよくなり、また呼吸法によるストレスの手放しにより、結果的に深い眠りを得やすくなり、明日に向けて快適な身体と心のが準備できるのです(▶深夜のヨガ)。

それでは朝と夜以外は効果ないの?お昼は?というと、たとえば2時・3時くらいに行うことも、もう少し遅い5時などでもヨガの効果は充分に得られます。ある一定時間、気持ちを落ち着けて深い呼吸を行い、ヨガポーズを取ることはやはり肉体へも精神へも良いのです。日中の活動時間帯に行うことで燃焼効果も高まるでしょう。

しかし、ヨガを行う時間帯より何より大切なのは、ヨガを続けることです。少しずつ身体が柔らかくなり、体幹を鍛えて身体の歪みを軽減し、内臓の機能を取り戻すことによりボディラインもしなやかになります。同時に心のゆがみも整えられて行く事でしょう。しかし効果的な時間帯に1回やっただけでは、やはり全体的な効果は得られません。生活に組み込んで続けて行くことが何より大切です。

03 食前・食後は?

逆にヨガを行わない方が良い時間帯が食前・食事の直後です。ヨガは基本的に満腹時より空腹時に行うのが良いとされています。満腹時に行うと内臓に負担がかかるためで、これは常温でも、ヨガ・ホットヨガでも同じです。

そのため、ヨガは食事から2時間ほどあけることが望ましいとされています。そうすれば空腹すぎてフラフラということも、ちょっとまだお腹いっぱい…などということもないからです。また、ヨガの前の食事は炭水化物は避けて、タンパク質や野菜をよく取る、などの注意も必要とされていますが、これは一般的に良い食生活という意味で、程度にとらえて頂ければと思います。

04 起床後・寝る前は?

実は、起床後や寝る前のヨガはとても良いのです。スタジオに通って行うには時間が足りない!という人でも、起床後や就寝前に短時間でもヨガを習慣化すると快適な生活を送ることができるでしょう。

難しい事はありません。目を覚まして身体が起きるまでの間、深い呼吸を行って、ゆっくりと身体を目覚めさせることから始めましょう。脳にセロトニンが分泌されて、気分よく1日をスタートすることができます。

就寝前も身体を充分に伸ばしほぐしながらヨガを行い、最後は静かに瞑想の時間を持つと良いでしょう。質の高い睡眠を得ることができます。

05 頻度は?週に1度・1時間のヨガでも身体に効果があるの?

ヨガを行うのに月に何回が効果的、というものは特にありません。ご自身の身体の状態に応じて行うのが良いでしょう。

初心者であれば週に1度・1時間ほど行うことができれば、身体を徐々にならすことができ、また期間が開きすぎということもありません。

少し慣れてきて、時間に余裕があれば週に2~3回ほど行うと良いでしょう。しっかりと日常化され、身体も充分慣れて肉体も少しずつ変化していきます。痩せやすい身体づくりとなり、ダイエット効果も期待できますよ。

少しずつですが時間さえかければ確実に変化は訪れます。逆に無理なポーズを長時間行ったり、慢性的な痛みがひどい時に行うのは身体を痛めてしまいます。慣れてきても、常に自分の身体と相談ながら行う事が大切です。

06 ヨガポーズのキープにかける時間はどれくらい?

ヨガでは様々なポーズの完成形として、またはポーズの合間に姿勢をキープし、呼吸を繰り返すということがよくあります。

大体20秒~30秒ほど、キープ時間が取られます。ちょっと苦しい体勢でも呼吸は決して止めずに、しっかりとキープしましょう。

07 時間がない人でも簡単なポーズを行い、身体を充分にほぐしてあげよう!

ヨガには様々な種類があり、スタジオでも自宅でも行うことができるものがたくさんあります。

スタジオに通う場合は流れに沿って行いますが、ポーズを覚えたから家でも行いたいという場合でも、好きなポーズを少しずつ取り入れて心身を快適に保つことができます。

時間がないからヨガは無理!と諦めるのではなく、自分の状況に応じて取り入れられるのがヨガ。

習慣化することで生活の質が高まり、快適な身体を実現しやすくなるので、上手に取り入れて実践してみましょう!

不安や疑問はスタジオで解消

立川唯一の溶岩ホットヨガスタジオ、オンザショアは、インストラクターとお客様の近い距離が近いスタジオです。そのため、レッスンの後に、ポーズ(アーサナ)についての質問や、ご自身の体の悩み(肩こりや腰痛、ダイエット、筋肉の使い方、むくみや体の歪みなどについて)について、レッスン後に、インストラクターと話し込む方もしばしばいらっしゃいます。まずは3ヶ月続けると、心身ともにすっきりとして、ヨガが生活の一部になるでしょう。まずは続けてみることから♪

ヨガとは

ヨガの効果

ホットヨガとヨガの違い

立川ヨガ 立川エリア唯一の溶岩ホットヨガスタジオ「オンザショア」

ヨガの礼拝

WITHコロナ時代におけるスポーツのメリット(スポーツ庁)

最近の記事

  1. 11月のレッスンスケジュール

  2. 10月のレッスンスケジュール

  3. 9月のレッスンスケジュール

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP