スウェーもしくはスウェーバックと呼ばれる防御法で、パーリングブロッキングと違い自分で受ける必要がなく躱すテクニックになり、ヘッドスリップやダッキング、ウェービングと違って特に難しい技術も必要がなく、比較的安全な避け方です。ただし、スウェーしてすぐに返しのストレートなど反撃をしないと相手にたたみ込まれて打ち込まれるリスクはあります。その点、必ずスウェーして避けたらすぐに反撃をするという癖をつけておきましょう。

上体を後傾させて躱す

スウェーというのは、ステップバックせずに立ち位置のまま上体を後傾させて反らせることで相手のパンチやハイキックを避ける技術です。後傾させた際に、前足の膝を伸ばしきってしまうと次の動きへスムーズに行けなくなってしまうので、上半身を後ろへ反る際に前足の膝を伸ばしきらないようにしましょう。ボクシングでいえばグローブ一個分、ハイッキックであれば足の甲から足首あたりまでの分だけ後傾させればOKです。あまり体を後ろに反らしすぎないように最小限の動きに抑えましょう。

また、最初に解説したようにスウェーした後には、すぐに反撃しましょう。オーソドックスなら右ストレート、あるいは左のロングフック、左の前蹴りなどが有効です。後ろに乗った重心を反動を使うように前へシフトさせて反撃の攻撃に活かしましょう。

ボクササイズの効果

ボクササイズのオススメPOINT

WITHコロナ時代におけるスポーツの効能(スポーツ庁)

最近の記事

  1. GW(ゴールデンウィーク)特別レッスンのお知らせ

  2. 4月のレッスンスケジュール【NEW】

  3. 3月のスケジュール【NEWS】

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP