自律神経とは(2)

ヨガを行うと自律神経を整えることができると言われますが、そもそも自律神経とはどのような役割をしているのでしょうか?

自律神経とは、私たちの意思とは関係なく働く神経で、呼吸や消化、発汗と体温の調節、血液の循環、内分泌機能や生殖機能など、生命を保つために必要な機能をコントロールしています。自律神経には交感神経と副交感神経があり、この2つがバランスよく働いてくれるからこそ、前述の様々な機能が正常に保たれているのです。この自律神経のバランスが乱れて来ると、心身ともに様々な不調が現れます。自律神経の乱れが原因と考えられるものには、原因がはっきりとしない頭痛や腹痛、倦怠感や不眠、イライラ、不安感、集中力の低下などで、自律神経のバランスの乱れが続くと、心の病に繋がる可能性もあります。

自律神経は、中枢性自律神経線維網(CAN:Central Automic Network)という脳のネットワークがコントロールしています。ストレスを感じるとCANが反応して交感神経を興奮させます。そのため、自律神経の安定のためにはCANの反応を抑制することが大切で、それには瞑想が効果的であることが分かっています。瞑想はCANの監視役である前頭前野の働きを高めることができ、興奮を押させてくれます。

交感神経の緊張が高まったまま下がらない生活が続くと、弛緩することができなくなってしまい、不眠や浅い眠りになってしまいます。最近よく眠れなかったり、心からリラックスできた記憶がない方は、ヨガなどを生活に取り入れて、少しずつ弛緩の時間を増やし、本来のバランスを取り戻していきましょう。

ヨガとは

ヨガの効果

ホットヨガとヨガの違い

ピラティスの効果

WITHコロナ時代におけるスポーツのメリット(スポーツ庁)

最近の記事

  1. GW(ゴールデンウィーク)特別レッスンのお知らせ

  2. 4月のレッスンスケジュール【NEW】

  3. 3月のスケジュール【NEWS】

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP