出ているお腹を引っ込めたい。ウエストや足を細くしたい。誰もがこのような「部分痩せ」をしたいと思ったことがあるでしょう。しかし、残念ながら局所的に鍛えるだけで、これを実現するのは難しいのです。というのも運動習慣のない人の身体はほとんどの場合、自分が想像する以上に分厚い脂肪で全身が覆われいてるからです。その状態で、例えば腹筋運動だけを続けても、表面を覆う脂肪に阻まれてなかなか腹筋のラインまでは出ません。

理想のボディラインを目指そう♪

ただ、「全身の脂肪コーティングを削りながら局所的に鍛える」というダブルのアプローチなら部分痩せも可能です。なかでも出ているお腹をへこますのは意外と簡単です。お腹につく内臓脂肪は、血管網が発達した体の奥にあるため消費されやすく、落ちやすいといえます。

下腹やわき腹についた皮下脂肪もHIITのようなトレーニングをしっかりと継続すれば落とすことが可能です。まずは運動により分厚く冷えたカチカチの皮下脂肪が緩和され、柔らかく薄くなります。トレーニングで血流が上がることで、ため込んでいた老廃物や余計な水分が流れて、蓄えられていた脂肪細胞が使われて小さくなるのです。

美容整形手術の様に局所的に脂肪細胞を取り除くことは難しいですが、ボディラインに「メリハリ」を付けることは可能です。狙った部位をトレーニングすれば、筋肉が太くなり立体感が生まれて、同時に皮下脂肪を削ることができます。例えば、「脂肪が2キロ落ちる」と言われても大したことが無いと思われるかもしれませんが、体積に換算すると1リットルの牛乳パック2本分の大きさです。あれがお腹から無くなるとしたらかなりの分量と言えるのではないでしょうか。ボディラインはどんどん変化します。

最近お腹だけ気になる、と言う程度なら、数キロ体重が落ちただけでお腹周りがスッキリし、お腹が凹んだと実感できるでしょう。

残念ながらどの部分の脂肪から落ちていくかはその人によって異なり、思い通りに行くとは限らないかもしれませんが、「体脂肪を落としながら筋肉を鍛える」という方法なら、必ずカッコいい、スタイルの良い美しい身体が手に入ります。まずは脂肪燃焼と筋トレの効果を併せ持つ、HIITでボディ改造の第一歩を踏み出してください。

HIITとは

HIITについての具体的な説明

WITHコロナ時代におけるスポーツのメリット(スポーツ庁)

最近の記事

  1. GW(ゴールデンウィーク)特別レッスンのお知らせ

  2. 4月のレッスンスケジュール【NEW】

  3. 3月のスケジュール【NEWS】

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP