今あちこちで注目されている瞑想。ここでは、瞑想って何なのか、どうやって始めるのかについてご紹介したいと思います。最近世の中では、瞑想に注目が集まっていますよね。その理由は脳科学の視点から色々上げられています。忙しく働き、たくさんの情報を詰め込み、遊ぶときでさえもめまぐるしい現代社会では、脳が休まる時間がなかなか持てません。そのため、脳を休める方法として誰もが出来る最良、しかも簡単な方法として瞑想が注目されているわけです。

瞑想は、ヨガを中心にインドで行われてきた手法ですが、インドやヨガに関わらず世界中でも行われてきた能力開発方法ですがヨガの世界では約4000年前から瞑想することを目的に始められました。ヨガで瞑想する理由は、本当の自分と繋がり、この世の全て、大いなるものと一体化し、本来持つその力を得るためです。いつも自分や周囲に感謝し、それらとの関係を見つめ、結果的に自分の中にとてつもなく大きな力との一体感を感じる。そして、自分を超えることを目指しています。

ヨガのアサーナ(ポーズ)ができたのは、瞑想を行う際に、骨盤を立てて坐り続け、全身にプラーナ(気)を回すための体力と、姿勢を保ち続けるための筋力を育てるためでした。パドマーサナ(蓮華座)を組んで、骨盤を立てて坐るのですが、その姿勢は難しく、そのまま維持することはもっと難しいため、そのための体力作りで編み出されました。

現代、瞑想に注目が集まっているのは、様々な効果が科学者たちによって紹介されているからです。たとえば、集中力、メタ認知(客観的に観る)力、直感力、想像力やクリエイティビティのアップ、自律神経のバランス改善、うつ病改善、認知症予防、脳の休息など、現代人が求める能力や解消したい不調が治せるということで周囲からの評価を得ています。実際、現代医療では医療現場でも補完的に用いられるなど、ヨガは瞑想を始めとして様々な効果が期待されいます。

瞑想のやり方へ

WITHコロナ時代におけるスポーツの効果

最近の記事

  1. GW(ゴールデンウィーク)特別レッスンのお知らせ

  2. 4月のレッスンスケジュール【NEW】

  3. 3月のスケジュール【NEWS】

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP