HIITを特にオススメしたいのが、血糖値が気になっている方です。中でも食生活には気を配っているものの、運動習慣が根付いていない方です。

日本では、糖尿病が疑われる成人の数は1,000万人を超えています。糖尿病予備軍の人も同等数いると言われています。それくらい糖尿病は現代人にとっては身近な病気なのですが、HIITは糖尿病の予防や病状の改善にも効果が期待出来ます。

HIITが、筋肉にもたらす変化は大きく分けると三つあります。

(1)筋肉の運動能力の増加(筋小胞体内へのカルシウムイオンの取り込み促進)

(2)最大酸素摂取量の増加(ミトコンドリアの量と質の改善)

(3)細胞へのグルコース(ブドウ糖)の取り込み促進(GLUT4の増加)

特に血糖値に影響を及ぼすのが(2)と(3)です。GLUT4とは、体内でブドウ糖の輸送を行う分子で、GLUTとは「グルコース・トランスポーター(糖輸送体)」の略です。

糖輸送体には様々な種類があるのですが、中でも糖尿病と密接な関係にあるのがGLUT4。GLUT4はブドウ糖を細胞内に搬入するトラックのようなもので、GLUT4が多いほど、細胞のブドウ糖の取り込みが増えるのです。

そもそも人の身体というものは、血中のブドウ糖が増えると膵臓からインシュリンが分泌さえ、そのインシュリンが「ブドウ糖を取り籠め!」と各細胞に命令するメカニズムになっています。

しかし、2型糖尿病の患者さんは、細胞自体が糖分を取り込みにくくなっているのです。これを「インシュリン感受性が下がった状態」もしくは「インシュリン抵抗性が上がった状態」と言います。

インシュリン感受性を上げるには、一つはミトコンドリアの量と質を改善することが最重要です。エネルギー産生工場自体を増やし、更に各工場の生産能力を上げると言うことです。そしてもう一つがGLUT4を増やすことです。

なぜなら、いくら工場が増えても燃料(ブドウ糖)を搬入するトラックの数が増えないと結局ブドウ糖が工場の中へ入ってこられないからです。

その点、HIITは、運動によって、ブドウ糖を消費するだけではなく、ミトコンドリアもGLUT4の問題も同時に解決できるため、インシュリン感受性が回復して、血糖値が改善に大きく役立つのです。

HIITを行うことでミトコンドリアとGLUT4の量が増え、ブドウ糖を消費しやすい身体になるわけですね。HIITを実践していくと、ダイエットだけではなく、血糖値の上昇とインシュリン抵抗性の上昇が抑えられるのが嬉しいメリットです。

スポーツ庁のコロナ禍におけるスポーツの必要性についての解説

最近の記事

  1. 3月のスケジュール【NEWS】

  2. 2月のスケジュール決定~夜のYOGAとスポーツチャンバラ始まります。

  3. クラウドファンディング始めました♪

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP