HIITで脂肪の分解物質の分泌促進

多忙な現代人が運動をはじめるなら、通常はランニングやマシンを使った筋肉トレーニングということになるのが一般的だろう。しかし、これらは場所を取ったり、時間を確保するのが大変だ。しかし、HIITなら、場所や時間もとらず、手ぶらで行うことができ、この両者より運動中のエネルギー消費が多く、忙しい現代人にはうってつけです。

たとえば、今メタボにお悩みの体重80㎏の人が10分間運動した場合のMETS(運動強度)から消費する㌍量を算出してみよう。ジョギングは、7METS、ランニングは8.3METSという運動強度なので、

体重(80㎏)❌METS❌時間(0.17~❌係数(1.05)

で計算すると、結果は、それぞれ99.96㎉と118.52㎉消費と算出される。筋トレも同様に算出すると、85.68㎉となる。それに対して、METSのないHIITを実際に10分間行い、消費㌍を算出すると200㎉にも。つまり、同じ時間で、ランニングやジョギング、筋肉トレーニングの2倍近い程度の消費㌍をHITTでは消費することができるわけです。更に、別ページで記載してあるようにアフターバーン効果が有り、運動終了も㌍が燃え続け、800㌍程度は燃えます。となると、その差は歴然といってもいいでしょう。

しかも、細かいことはこちらをご覧になって頂きたいですが、HIITは近年話題の筋肉え糖の代謝分や脂肪の消費をしてエネルギーを作り出す中枢ともいえるミトコンドリアを増やしてくれます。だから、HIITを行うと、脂肪燃焼に入った嬉しい状態を長く保てるのです。

HIITとは

HIITについての具体的な説明

立川ヨガ 立川エリア唯一の溶岩ホットヨガスタジオ「オンザショア」

立川ヨガ

WITHコロナ時代におけるスポーツのメリット(スポーツ庁)

東大和市のおすすめのヨガスタジオ

日野市のおすすめのヨガスタジオ

国立市のおすすめのヨガスタジオ

昭島・拝島(中神・東中神)のおすすめのヨガスタジオ

立川のおすすめのヨガスタジオ

青梅市のおすすめのヨガスタジオ

福生市のおすすめのヨガスタジオ

国分寺・西国分寺のおすすめのヨガスタジオ

立川北口のおすすめのヨガスタジオ

最近の記事

  1. 7月のレッスンスケジュール

  2. 6月のレッスンスケジュール

  3. GW(ゴールデンウィーク)特別レッスンのお知らせ

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP