立川エリアでホットヨガをしたい!という方におススメなのが、立川エリア唯一の溶岩ホットヨガ環境を備えるオンザショア。溶岩ホットヨガは運動強度を常温ヨガの二倍になり、ワンレッスンでの消費カロリーは400㎉~500㎉とコスパ良し!さらに、オンザショアでは、国内唯一のイタリア溶岩を用いた溶岩ホットヨガスタジオ。レッスンの時間帯は朝から深夜までと働く女性、学ぶ女性に最適です。行きたいときに通いたいレッスンがあるのが魅力。

体温調節の目的で汗をかいて体温を下げるのは、哺乳類の中でも人と馬だけ。人間は汗を出すエクリン線を全身に分布させ、ユニークな進化をしているのです。人間は急激な温度の変化には弱いもの。つまり、暑さや寒さに弱いわけです。そうした温度変化から守るために発汗や震えで人間は体温調節をしています。

体温が1℃上昇するのを防ぐには、100㎖の汗をかき、その汗が蒸発する気化熱を利用しなければなりません。500㎖のペットボトルの1/5も汗をかくことになり、かなりの量の汗をかいているわけです。これだけ多くの汗を必要とするわけなので、温度が大きく変化してから汗をかき始めることでは温度変化についていけません。そのために繰り返し暑さにさらされていると暑さになれる「暑熱適応」が起こります。

適応する前に比べて、より低い体温で皮膚血流の増加や発汗が起こり、同じ体温でも多く発汗することで熱放散が亢進します。さらに、ヨガやピラティスのような持久力を要求されるトレーニングを行うと、汗をかき始めた時に深部体温が低温側に移動し、気温と体温の差から総発汗量が増加し、機能する汗腺数が増加することが明らかになっています。更に運動することで、安静にしている時、つまり運動していないときの総血液量も増加します。

つまり、溶岩ホットヨガを行うと、最大皮膚血流量を増やし、更に汗腺の分泌能力や感受性を高め、熱放散を増強することで体温調整能力を向上させることができるのです。

汗をしっかりかく運動をすると、交感神経が身体活動によって高められた反動で、交感神経が抑制され、副交感神経が強化されます。寝る前には休むモードの副交感神経がしっかりと優位になり、深い眠りが得られるように。

暑い夏にも強く、寒い冬に耐える身体作りをしたいなら、ぜひ立川エリア唯一の溶岩ホットヨガスタジオ「オンザショア」でホットヨガにチェレンジしてみませんか?

ホットヨガの効果

(1)ダイエット効果

ホットヨガは、一見緩やかです。ただ、運動強度は常温の2倍と高くなっているので、運動が苦手な方が、しっかりとカロリーを消費できるエクササイズに取り組むには最適です。また、暖められることで筋肉がしっかりと伸びるので、身体が硬いという方がヨガのポーズを取ったり、ストレッチをするのにちょうど良いです。

(2)冷え性改善効果

ホットヨガは、冷え性を改善してくれます。とりわけ、溶岩ホットヨガでは、溶岩石の発する遠赤外線が、最大で72時間身体を温めてくれるので、自然と冷え性も改善します。夏の冷房による冷えや冬の寒さによる冷えも感じなくなるように変わります。

(3)リラックス効果

ホットヨガ、とりわけ溶岩ホットヨガは、天然のサウナ。温泉で入浴したのと同じリラックス効果を得ることができます。

*:ホットヨガのレッスンを受ける際には水分補給を忘れないようにしてください。

ヨガとは

ヨガの効果

ホットヨガとヨガの違い

ピラティスの効果

HIITの代表的な効果

立川ヨガ 立川エリア唯一の溶岩ホットヨガスタジオ「オンザショア」

ヨガをする立川女子

東大和市のおすすめのヨガスタジオ

日野市のおすすめのヨガスタジオ

国立市のおすすめのヨガスタジオ

昭島・拝島(中神・東中神)のおすすめのヨガスタジオ

立川のおすすめのヨガスタジオ

青梅市のおすすめのヨガスタジオ

福生市のおすすめのヨガスタジオ

国分寺・西国分寺のおすすめのヨガスタジオ

WITHコロナ時代におけるスポーツのメリット(スポーツ庁)

最近の記事

  1. 9月のレッスンスケジュール

  2. 8月のレッスンスケジュール

  3. ハンマートレーニング

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP