ヨガの7つのメンタルヘルスの利点

1.うつ病からの解放

ヨガは、運動、瞑想、社交を1つの活動にまとめたものです。これらの側面のそれぞれは、それ自体でうつ病を和らげるのに役立ちますが、組み合わせると、それらの治療効果はさらに強力になります。

ヨガの重要な部分はあなたの呼吸に焦点を当てています。練習を通して、深くリズミカルな呼吸を維持します。この習慣は、抑うつ的な思考や感情を打ち消すことができるストレス反応システムを調整するのに役立ちます。

ヨガ

2.気分の改善

メンタルヘルスの状態に苦しんでいる場合は、気分の変化を経験する可能性があります。良いニュースは、ヨガがあなたの精神を高めるのを助けることができるということです。あなたの脳にはガンマアミノ酪酸、またはGABAと呼ばれる神経伝達物質が含まれています。GABAは日常的にあなたの感情を調整するのに役立ちます。GABAレベルが低いほど、不安、抑うつ、否定的な感情を経験する可能性が高くなります。

研究によると、1時間のヨガでも体のGABAレベルを上げることができます。より高いGABAレベルはあなたの体が不安と鬱病を管理するためによりよく準備されることを意味します。

3.不安のレベルの低下

不安に対処するためにヨガのレッスンを始めるのはよくあることです。否定的な自動思考はストレスの主な要因の1つであり、どのようなシナリオでも最悪の結論にジャンプします。定期的なヨガの練習は、現在の瞬間に集中する方法を教えてくれます。この考え方は、不安を引き起こす前に、否定的な自動思考を特定して最小限に抑えるのに役立ちます。

4.集中力のUP

不安やうつ病などのメンタルヘルス状態は、集中を困難にする可能性があります。ただし、ヨガは集中力を高め、気を散らすことを避けることができます。たとえば、多くのヨガのクラスには、さまざまなバランスのポーズが組み込まれています。片足でバランスを取りながらじっとしていると、他のことを考えるのは難しいです。

練習することで、ヨガはあなたの焦点をうつ病や不安からそらす方法を教えることができます。頭の中のノイズを取り除く方法を学ぶと、メンタルヘルスの状態に対処するためのより良い立場になります。

5.改善された睡眠習慣

あなたが集中するのを助けることに加えて、ヨガはあなたの睡眠習慣を改善する可能性があります。定期的なヨガの練習は、睡眠サイクルを調節する脳内のホルモンであるメラトニンの体の生産を増やすことができます。実際、最近の研究によると、1か月間ヨガを練習した男性は、天然のメラトニンレベルが劇的に上昇しました。毎晩より良い睡眠をとることで、メンタルヘルスが改善され、症状への対処が容易になります。

6.自尊心の向上

ヨガのクラスに参加しているときは、エクササイズをガイドされ、自分のペースで進むように促されます。ヨガの先生はしばしばあなたに新しいポーズや挑戦を試す機会を与えてくれます。これらの瞬間の間に、彼らはバランスの低下や休憩を取ることは恥ずべきことではないことを強調します。彼らはあなたを判断したり気分を悪くしたりしません。代わりに、彼らはあなたがあなたの進歩について気分が良くなるのを安心させそして助けるでしょう。この種の励ましは、自尊心を高め、メンタルヘルスを改善するのに役立ちます。

7.PTSD症状からの解放

PTSDに苦しんでいる場合、あなたが経験した肉体的または感情的なトラウマは、あなた自身や他の人とのつながりを感じさせない可能性があります。ヨガは、圧倒されることなく社会的交流に戻ることができる、思いやりのある居心地の良いコミュニティを提供します。さらに、ヨガの身体運動の要素は、PTSDによって引き起こされるストレスの一部に対処するための健康的な方法です。

ヨガとは

ヨガの効果

ホットヨガとヨガの違い

ピラティスの効果

立川ヨガ 立川エリア唯一の溶岩ホットヨガスタジオ「オンザショア」

東大和市のおすすめのヨガスタジオ

日野市のおすすめのヨガスタジオ

国立市のおすすめのヨガスタジオ

昭島・拝島(中神・東中神)のおすすめのヨガスタジオ

立川のおすすめのヨガスタジオ

最近の記事

  1. 7月のレッスンスケジュール

  2. 6月のレッスンスケジュール

  3. GW(ゴールデンウィーク)特別レッスンのお知らせ

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP