バトルロープの11のメリット

筋力とコンディショニングを本気で変えたいですか?それなら、バトルロープでトレーニングを開始するのが非常に効果的です。バトルロープがすぐにトレーニング愛好家やアスリートに最も人気のあるトレーニングツールの1つになったのには理由があります。バトルロープは、あなたの体組成とスポーツ、フィットネス、そして日常生活のパフォーマンスの両方を改善するであろう多くのメリットがあります。

以下では、11のバトルロープトレーニングのメリットついて紹介します。

バトルロープとは何か?

バトルロープ

バトルロープまたはヘビーロープとしても知られているバトルロープとは、筋力とコンディショニングを改善するために使用されるフィットネストレーニング器具です。名前が示すように、それはロープですが、単なるロープではありません。ロープは太くて重くて長いので、かなりの抵抗力と可動性があります。

「バトルロープ」は、1本の長いロープの端と端を片方の手でつかむことがで同じ長さの2本のロープでエクササイズします。バトルロープは非常に人気がありますが、ダンベルやケトルベルなどの他のフィットネス機器ほど昔からあるものではありません。

バトルロープのコンセプトは、2006年にジョンブルックフィールドという有名なフィットネストレーナーによって考案されました。彼はそれを開発した直後に、新しく考案したバトルロープを使用して、特殊部隊や米国オリンピックレスリングチームをトレーニングしました。今日では、世界中のジムでバトルロープを見ることができます。どうしてバトルロープはそこまで広まったのでしょうか?それは全身トレーニングのための非常に効果的で効率的なトレーニングツールだからです。

すべての利点に入る前に、バトルロープに関して人々が抱く最も一般的な質問に答えましょう。これにより、バトルロープの利点についてもすぐに理解できます。

バトルロープは脂肪燃焼に効果的か?

他のトレーニングと同様に、燃焼する脂肪の量(または消費するカロリー)は、どれだけ一生懸命取り組むかによって異なります。とはいえ、バトルロープワークアウトは脂肪を燃焼させる最も効率的な方法の1つと考えられています。バトルロープを使用すると、1分あたり約10〜15カロリーを燃焼できます。単純に1レッスンで60分ほど休憩を挟みながらトレーニングをするとしたら、600㌍から750㌍を消費します。

バトルロープはかなりの抵抗があるので、筋肉も効きます。これは強度を増すだけでなく、脂肪燃焼効果を増加させます。正しくトレーニングが行われた場合、トレーニングが終わった後ずっとたくさんのカロリーを燃やすでしょう。これはアフターバーン効果として知られているものであり、バトルロープはこの効果を最大限発揮してくれます。

バトルロープはHIITに最適なツールの1つです。脂肪を減らしながら筋肉を失うことが懸念されるランニングとは異なり、脂肪を燃焼すると同時に筋肉を構築することができます。このように、バトルロープは痩せながら筋肉を増やすための最良の方法の1つです。

バトルロープは筋肉を増加させるのか?

バトルロープはかなりの重量があるので、筋肉量と筋力を向上させます。筋肉の成長を刺激する最適な抵抗を提供してくれるでしょう。

時間をかけてバトルロープで筋肉を構築し続けたい場合は、徐々に筋肉に過負荷をかける必要があります。これを行うには、休憩時間を減らしたり、1セットの時間を増やしたり、バトルロープのエクササイズをより強度の高いものに変えることで可能です。

バトルロープは筋肉を強化しますが、バーベルやさまざまなダンベルと同じ方法ではありません。これは、抵抗レベルとプログレッシブオーバーロードテクニックに制限があるためです。いわゆるボディビルダーのようなムキムキの体になりたいという方には不向きです。しかし、バトルロープは痩せた、しっかりした筋肉を構築するのに役立ちます。

バトルロープはどの部位の筋肉が強化されますか?

バトルロープワークアウトは全身運動なので、上半身、下半身、コアの筋肉が働きます。バトルロープのエクササイズを行うと、体のほぼすべての筋肉が刺激され、コア、腕、肩、背中、臀筋、大腿四頭筋が適切に強化されます。

バトルロープの優れている点は、腕が互いに独立して機能しているため、バランス感覚を養うことができます。さらに、あなたのコア(体幹部)を安定させることを実現します。これが、バトルロープのエクササイズがコア(体幹部)にとって非常に優れている理由です。あなたのコア(体幹部)はすべての動きの中心にあり、バランスが崩れないように自分の体をコントロールするために機能しています。

バトルロープの11のメリット

バトルロープは、あらゆるフィットネスレベルの人々にさまざまなメリットをもたらします。バトルロープの私たちのお気に入りの利点のいくつかを見てみましょう。

1.爆発的な全身トレーニング

デザインの性質上、バトルロープを使用して実行するエクササイズは、ダイナミックで爆発的な方法で全身を動かします。バトルロープは、その強度とコンディショニング能力で高く評価されています。これは、筋力、肥大、持久力、パワー、心臓血管の健康のための全身トレーニングです。

2.迅速で効率的なトレーニング

バトルロープエクササイズは、一度に複数の筋肉グループを対象としています。そのため、短時間で多くのカロリーを消費し、多くの筋肉を動かします。孤立運動や単一の筋肉群に多くの時間を費やすのではなく、バトルロープを使って激しい全身運動を行い、ほんのわずかな時間でより効果的なオールラウンドトレーニングを行うことができます。

もちろん、特定の筋肉を伸ばしたい場合は、ダンベルなどでやらなければならないことをしてください。それは何も悪いことではありません。ただし、迅速で効果的なトレーニングが必要な場合は、バトルロープがそのために存在する最高のトレーニングツールの1つです。

3.脂肪を燃焼させつつ筋力を鍛える

バトルロープは脂肪を燃焼させつつ筋肉を強化することができますが、筋肉を増量・強化するためのより良いトレーニングツールはありますが、脂肪を燃焼させて強化するためのより良いツールはバトルロープ以外にはないかもしれません。ワークアウトの最後にバトルロープワークアウトまたはフィニッシャーを使用すると、短時間で大量のカロリーを消費できます。また、ワークアウトの強度により、EPOC(Excessive Post Oxygen Consumption)、別名「アフターバーン」と呼ばれる現象が発生します。これは、ワークアウトが終了した後も、より多くのカロリーを燃焼することを意味します。

4.HIITトレーニングに最適

HIITトレーニングの場合、必要なのは自重だけです。とはいえ、HIIT用のフィットネスツールを1つ選択する必要があるとしたら、それはバトルロープが一番最適です。これは、動きが非常に爆発的であり、HIITに非常にうまく組み込むことができるからです。バトルロープだけでHIITトレーニングを行うことができます。バトルロープは抵抗と爆発的な動きを組み合わせているため、HIITのプログラムメニューをしているのと同等の効果があります。これはあなたが脂肪を燃やすと同時に筋肉を強化する最良の方法の一つでしょう。

5.心肺機能や血管の健康

バトルロープトレーニングは、有酸素運動のレジスタンストレーニングです。それは、ランニングとウェイトリフティングのセッションを同時に行うようなものです。休息時間を適切に保つ限り、バトルロープワークアウト中、心拍数は上昇したままになります。これにより、心臓血管の健康と持久力が向上し、ウェイトリフティングとスポーツの両方でパフォーマンスが向上します。とりわけ、膝、腰、腰の問題を抱えている人は、ランニングが関節にストレスを与えるため、有酸素運動にバトルロープを利用するのは最適です。バトルロープは衝撃が少なく、ランニング以上に同じ心肺機能や血管を健康にします。

6.バランス、調整、安定性

腕は互いに独立して働いているので、コア、臀筋、脚、そして背中はあなたの動きを安定させるために動く必要があります。これにより、特に筋肉のバランスが崩れている場合は、バトルロープエクササイズによって修正されるため、バランスと筋肉の協調性が大幅に向上します。

なので、バランスとコンディションを改善したいのであれば、バトルロープはぴったりのエクササイズです。最良の部分は、バトルロープエクササイズのさまざまな動的バリエーションとより爆発的な動きで、これらの課題で常に改善を続けることができるということです。

7.筋肉の不均衡と弱い領域を改善する

バトルロープは、筋肉の不均衡や弱い筋肉を強化して修正してくれます。トレーニングを行うだけで、弱い筋肉の側が追いつき、グリップ、前腕、股関節屈筋などの小さく、忘れられがちな筋肉が、バトルロープエクササイズをするだけでしっかりと鍛えられます。

8.移動性と安定性の向上による耐久性

怪我の回復力である耐久性は、強度、可動性、安定性の三つに起因します。バトルロープを使用すると、この3つの領域すべてが向上し、さらに耐久性も向上します。

バトルロープのエクササイズは可動域全体を鍛えるため、腰や肩などの柔軟性が子乗します。

9.新しい方法で筋肉を鍛え、停滞を打ち破る

バトルロープは、筋肉を動かす新しい方法を提供します。ロープを動かすことによって生じる重力と力の両方と戦うのは、一定の動的で爆発的な動きです。これは筋肉に強い衝撃を与えます、さらに、これは、単調なルーチンから移行し、プラトー(停滞)を打破する効果的な方法です。バトルロープは、競技能力、持久力、スピードを向上させ、フィットネスの他の分野やスポーツでのパフォーマンスを向上させます。

10.高強度だが、関節への負荷は低い

バトルロープワークアウトは高強度ですが、関節への悪い影響は少ないです。ワークアウトにより、ほとんどのフリーウェイトが引き起こすように、関節に圧力をかけることなく筋肉と筋力を肥大・強化させることができます。これは、怪我のリスクなしに素晴らしい結果を得ることができるということです。

11.精神的な強さ

高強度のトレーニングは間違いなくあなたの体に最適ですが、あなたの心にも最適です。それは、フィットネスと生活のすべての分野につながる精神的な強さを強化してくれます。本格的なバトルロープトレーニングの後、中強度のウェイトリフティングセッションをすることはないでしょう。

バトルロープトレーニングとは

ヨガとは

ヨガの効果

ホットヨガとヨガの違い

ピラティスの効果

立川ヨガ 立川エリア唯一の溶岩ホットヨガスタジオ「オンザショア」

東大和市のおすすめのヨガスタジオ

日野市のおすすめのヨガスタジオ

国立市のおすすめのヨガスタジオ

昭島・拝島(中神・東中神)のおすすめのヨガスタジオ

立川のおすすめのヨガスタジオ

コロナ時代におけるスポーツのメリット(スポーツ庁)

最近の記事

  1. 11月のレッスンスケジュール

  2. 10月のレッスンスケジュール

  3. 9月のレッスンスケジュール

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP