ピラティスの10のメリット

ピラティスは、ジョセフ・ピラティスによって開発された独自のエクササイズ法です。その効果的なトレーニング手法により、姿勢の改善や全身の強化を実現することができます。

ジョセフ・ピラティスは、1883年にドイツのデュッセルドルフで生まれました。彼の幼少期は、虚弱な体と健康問題に苦しむ中で過ごされました。しかし、彼は自らを強化し、身体的な困難に立ち向かうための方法を見つけるための意欲を持っていました。ジョセフは、幼少期からダンス、ヨガ、ボクシングなど、さまざまな運動形態に触れました。彼は体の動きと健康の研究に没頭し、さまざまなエクササイズやアプローチを学びました。また、解剖学や哲学にも関心を持ち、これらの知識をエクササイズ法の開発に活かしていくこととなります。

第一次世界大戦が勃発すると、ジョセフはイギリスに移住し、そこで収益を上げるための方法を模索しました。彼は警察学校で警官や兵士のトレーニングを指導し、同時に古典的なピラティス法の原型を確立していきます。ジョセフは年月を重ねるごとに、自身のエクササイズ法を磨き上げていきました。彼はプロフェッショナルダンサーやアスリートを含むさまざまな人々に指導し、その効果を実証していきました。ピラティスは次第に注目を集め、世界中で広まっていきます。

ジョセフ・ピラティスは、エクササイズを通じて身体と心のバランスを追求する独自の哲学を持っていました。彼は「コントロール(Control)」、「中心(Centering)」、「集中力(Concentration)」、「流動性(Fluidity)」、「正確性(Precision)」、「呼吸(Breathing)」の6つの基本原則を確立しました。

  1. コントロール(Control):ピラティスでは、身体の動きを意識的に制御することが重要です。正しいフォームと姿勢を維持し、無駄な力や動きを排除します。

  2. 中心(Centering):ピラティスでは、体の中心部である「コア」を重要視します。コアは腹部、背中、臀部、そして内腿を含みます。中心を鍛えることで、バランスと安定性が向上し、全身の動きが効果的になります。

  3. 集中力(Concentration):ピラティスは、身体と心の結びつきを高めるために集中力を必要とします。エクササイズを行う際に、意識的に動作に集中し、体の感覚を研ぎ澄ませます。

  4. 流動性(Fluidity):ピラティスでは、動作の流れと滑らかさが重要です。一つの動きから別の動きへの移行をスムーズに行い、身体全体の連携と調和を意識します。

  5. 正確性(Precision):ピラティスでは、正確な姿勢と動作を重視します。細かい動作や微調整を通じて、効果的な筋力の発達や姿勢の改善を実現します。

  6. 呼吸(Breathing):正しい呼吸はピラティスの重要な要素です。深く自然な呼吸を通じて、酸素を効率的に取り入れ、身体の緊張を解きほぐします。

ジョセフ・ピラティスは、これらの原則を基に、心身の調和とバランスを追求するトレーニング法をピラティスとして、開発しました。

ピラティスは、制御された反復的な動きを通じて筋肉を強化、延長、調子を整えるのに効果的な影響の少ないトレーニングです。強度の向上から姿勢の改善まで、ピラティスをワークアウトルーチンに組み込むことには多くの利点があります。最大の利点のいくつかを発見するために読んでください。

1 ピラティスは全身フィットネスです

ピラティスは、コア、下半身、上半身の強さだけでなく、柔軟性と姿勢に焦点を当てて、統合された全体として体を訓練します。ピラティスワークアウトは、関節の強さ、バランスの取れた筋肉の発達、柔軟性、および可動域の拡大を促進します。コアサポートと呼吸と精神を含む全身フィットネスへの注意は、他では見つけるのが難しいレベルの統合フィットネスを提供します。ピラティスがリハビリの場で人気があるのも理由です。また、ピラティスがあらゆる種類の運動の優れた基盤であると考えるアスリートにも人気があります。

2 ピラティスは性別年齢を問わないエクササイズです

あなたが運動を始めたばかりの年配の大人、エリートアスリート、またはその間のどこかであるかどうかにかかわらず、ピラティス運動の基礎はあなたとあなたの体に適用されます。コアの強さ、適切な配置、そして体と心のつながりを構築することに焦点を当てることで、ピラティスはすべての人が利用できるようになります。何千もの可能なエクササイズと修正で、ピラティスワークアウトは個々のニーズに合わせて調整することができます。あなたがエクササイズを適応させることができる方法があります、そして男性のためのそして妊娠中のピラティスのための特定の考慮事項さえあります。現在または過去の怪我やその他の特定の懸念がある場合は、訓練を受けたピラティスインストラクターと協力して修正を学ぶことができます。

3 ピラティスは持続的な強い筋肉を作ります

ピラティスは、全身の筋力をバランスよく強化するための効果的なトレーニング法です。身体の中心部であるコア(腹部、背中、臀部)を重点的に鍛えることで、全身の筋肉が均等に発達します。また、ピラティスは身体の小さな筋肉を効果的に活性化させるため、細かい動作によって深層筋を鍛えることができます。

ピラティスでは、あなたはあなたの体全体とあなたが人生を移動するときのあなたの機能的なフィットネスの両方でうまく機能する筋肉を構築しています。ピラティスが持続的で、強い筋肉を作る1つの方法は、偏心収縮と呼ばれる一種の筋肉収縮を使用することです。

このタイプの筋肉の収縮は、筋肉が緊張した状態で伸びるときに発生します。ピラティスでは、上腕三頭筋の腕立て伏せをしたり、ピラティスリングの張力を制御して解放したりするときなど、動きによって重力に抵抗し、制御された方法で移動することがよくあります。2015年の研究では、閉経後の女性のグループでピラティスが上半身、下半身、腹筋を効果的に強化することがわかりました。2015年の別の研究では、3か月にわたって週に2回のピラティスセッションで、高齢者の下半身の強さ、姿勢のバランス、生活の質の改善が示されました。

また、従来の体重を支える従来のトレーニングでは、怪我をしやすい短い筋肉ができることがよくあります。それに対して、ピラティスはピラティスの動きを通して、あなたの体はより柔軟になり、バランスが取れるようになります。体を伸ばして強化し、筋肉の弾力性と関節の可動性を改善します。

また、多くの伝統的なトレーニングは、ある筋肉群を別の筋肉群よりも強調するため、体の筋肉のバランスが崩れることがよくあります。弱い筋肉は弱くなり、強い筋肉は強くなります。ピラティスは首から足首や足まで全身を均一に強化します。過労または過少労働の筋肉群はありません。これらの利点のために、ピラティスはプロのスポーツチーム、アスリート、さらにはリハビリセンターにも人気のあるエクササイズです。

4 ピラティスは安全に柔軟性を高めます

ピラティスは、筋力だけでなく柔軟性の向上にも効果があります。エクササイズの流れやストレッチングを組み合わせることで、身体の関節の可動域が広がり、筋肉の柔軟性が向上します。柔軟性の向上により、日常生活やスポーツのパフォーマンスが改善されるだけでなく、怪我のリスクも低減されます。

このように、ピラティスは、柔軟性を向上させるために有益なエクササイズ法です。柔軟性は関節の可動域を広げることであり、身体の健康とパフォーマンスに重要な役割を果たします。ピラティスの動きは、ストレッチと筋力トレーニングを組み合わせたものであり、筋肉を伸ばしながら強化することで柔軟性を促進します。

柔軟性を向上させるためにピラティスを実践する際には、安全性が重要です。以下のポイントに留意することで、効果的かつ安全な実践が可能となります。

  1. ウォーミングアップ:ピラティスのセッションを始める前に、ウォーミングアップを行うことが重要です。軽い有酸素運動や関節の動かし方を意識した動作などを取り入れ、身体を準備しましょう。
  2. 適切なフォーム:ピラティスの動作を正確なフォームで行うことが大切です。適切な姿勢と身体のアライメントを保ちながら、筋肉を伸ばすことに集中しましょう。また、無理なストレッチや過度の負荷は避けるようにしましょう。
  3. インストラクターの指導:ピラティスを始める前に、経験豊富なピラティスのインストラクターから指導を受けることをおすすめします。彼らは正しいフォームやテクニックを教えてくれるだけでなく、個々のニーズや制約に合わせた適切なプログラムを提供することができます。インストラクターの指導のもとで、安全かつ効果的なピラティスの実践が可能となります。

柔軟性を促進するピラティスのエクササイズについて説明します。ピラティスには柔軟性を向上させるための特定のエクササイズがあります。以下にいくつかの例を挙げます。

  1. ストレッチング:ピラティスでは、ストレッチングが重要な要素です。ストレッチは筋肉を伸ばし、柔軟性を向上させる効果があります。例えば、ハムストリングや股関節のストレッチなど、特定の筋群をターゲットにしたストレッチングを取り入れましょう。
  2. ロールダウン:ロールダウンは、背骨をひとつひとつ順番に伸ばしていく動作です。この動作によって背骨の可動域を広げることができます。正しい姿勢とフォームを保ちながら、ゆっくりと背骨を伸ばしていくようにしましょう。
  3. スパインストレッチ:スパインストレッチは背骨の伸長と柔軟性を促進するエクササイズです。フロア上で仰向けに寝て、脚を伸ばした状態で背骨を伸ばしていきます。背骨の伸びを感じながら、ゆっくりと呼吸をしながら行いましょう。

5 ピラティスはコアを鍛えるのに適しています。

ピラティスは、コアの筋肉を重点的に鍛えることで、身体の安定性やバランスを向上させます。コアには、腹部の深層筋、背中の筋肉、そして臀部が含まれており、これらの筋肉をトレーニングすることで、身体の中心部が強化されます。ピラティスの動きは、コアの筋肉を一貫して使い、コアを安定させるための力を養うのに適しています。

ピラティスによるコアの強化は、さまざまな効果をもたらします。(1)安定性とバランスの向上。ピラティスにより、 コアが強化されることで、身体全体の安定性とバランスが向上します。日常生活での姿勢の改善やスポーツパフォーマンスの向上にも繋がります。(2)姿勢の改善。ピラティスによって鍛えられた強いコアは、正しい姿勢を維持するための基盤となります。背骨のアライメントが整い、姿勢の改善が期待できます。(3)腰痛の軽減:。弱いコアは、腰痛の原因となることがあります。ピラティスのエクササイズによってコアを強化することで、腰への負担を軽減し、腰痛の予防や改善が可能となります。こうしたコアの強化は、スポーツやフィットネス活動のパフォーマンス向上にも効果的です。

ピラティスにおけるコア強化の実践方法には次のようなものがあります。

  1. ロールアップ: ピラティスの代表的なエクササイズで、背骨を順番にカーブさせながら上体を起こす動作です。このエクササイズは、上腹部と腹横筋を鍛えるのに効果的です。
  2. レッグプル: レッグプルは、上体を起こした状態で、脚を伸ばしながら徐々に引き寄せる動作です。このエクササイズは、腹筋や腰部の筋肉を鍛えるのに効果的です。
  3. プランク: プランクは、前腕やつま先を支点に体を水平に保ちながら静止するエクササイズです。このエクササイズは、腹横筋や背筋を鍛えるだけでなく、全体のコアの安定性を向上させます。
  4. バックエクステンション: 仰向けに寝て上半身を起こし、背筋を伸ばす動作です。このエクササイズは、背筋や臀部の筋肉を鍛え、背骨のアライメントと姿勢の改善に役立ちます。

また、ピラティスには、こうした運動以外でも、さまざまな腹筋運動が含まれ、コアマッスルの強度だけでなく耐久性も向上させます。2011年の小規模な研究では、週に2時間のピラティスセッションを12週間行うことで、腹部の強さと背中の上部の姿勢を改善できることが示されました。

さらに、ピラティスで行われるすべての体を伸ばす動きで、脊椎が減圧されます。これは、一日中(脊椎を圧縮して)腰を下ろしている場合に特に役立ちます。それはまたあなたの腰の安定性と腰のサポートにも取り組んでいる、とルバートは言います、そして研究は慢性的な腰痛に対処する人々を助ける定期的なピラティスでも指摘されています。

6 ピラティスは姿勢を改善します

良い姿勢は、強いコアによってサポートされている良いアライメントの反映です。体が自由に動くことができる位置です。ピラティスの動きの基本から始まり、マットと機器のエクササイズを経て、ピラティスは体を鍛え、力と調和を表現します。ピラティスを練習する人はしばしば優れた姿勢を持っています。それは人々が背中の痛みのためにピラティスをする理由でもあります。

呼吸、姿勢、制御された動きに重点を置くことは、あなたが自分の体をどのように扱っているかをより意識するようになるにつれて、あなたの日常生活に反映されます。 これは、ソファに座って買い物袋を拾うなどの基本的なことから可能性があります。

ピラティスはまた、対称性と協調性を持ち、へそを握り、肩を直角にし、姿勢に注意することを教えます。 これは、あなたが自分の体にもっと気づくようになるにつれて、時間の経過とともに自然に起こります。

7 ピラティスはエネルギーを増加させます

健康的な体重管理や代謝の促進は重要な課題です。基礎代謝は、安静時に体が維持するために必要なエネルギーの量を指します。これは、心臓や脳の活動、呼吸、体温の維持など、生命維持に必要な最低限のエネルギーです。基礎代謝は個人によって異なり、主に体組成(筋肉量や脂肪量)、年齢、性別などの要素によって影響を受けます。ピラティスのエクササイズは、筋力を高め、全身の筋肉をトレーニングする効果があります。筋肉量が増えると、基礎代謝が上昇する傾向があります。なぜなら、筋肉は安静時でもエネルギーを消費するためです。つまり、ピラティスによって筋肉量を増やすことで、基礎代謝が増加し、エネルギー消費が促進されるのです。

ピラティスが基礎代謝に与える影響は、いくつかの要因によって決まります。

a. 筋力トレーニング: ピラティスのエクササイズは、筋力を高める効果があります。筋肉が強くなると、安静時のエネルギー消費が増加します。具体的には、ピラティスの動きによって大きな筋群やコアの筋肉が刺激され、成長や修復のためのエネルギーを消費します。この結果、基礎代謝が向上し、エネルギーの消費量が増えます。

b. 筋肉の質と代謝活性度: ピラティスのエクササイズは、筋肉の質を向上させる効果もあります。筋肉の質とは、筋肉の弾力性や柔軟性、筋力のバランスなどを指します。良質な筋肉は、休息時においても酸素や栄養素を効率的に利用し、代謝活性度が高い状態を維持します。したがって、ピラティスによって筋肉の質が向上すると、基礎代謝の増加に寄与します。

c. インナーマッスルの活性化: ピラティスの特徴的な動きは、深層筋やインナーマッスルを重点的に刺激します。これにより、姿勢の維持や安定性をサポートするための筋肉が活性化します。インナーマッスルの活性化によって、体のバランスが改善され、運動効率が高まります。この過程で基礎代謝も向上し、エネルギー消費が増えます。

年齢を重ねると、基礎代謝が自然と低下する傾向があります。これは年齢による筋肉量の減少や体組成の変化によるものです。基礎代謝の低下は、体脂肪の増加や体重管理の難しさに繋がる可能性があります。しかし、ピラティスの実践によって基礎代謝を増加させることができれば、この問題を解決する一助となるでしょう。

さらに、ピラティスは呼吸と循環を動かし、背骨と筋肉を刺激し、全身を運動することで得られる良い気持ちで体を溢れさせます。運動すればするほど、エネルギーが増えます。そして、あなたがより活力を持っているほど、あなたはあなたの運動ルーチンをやりたいと思うでしょう(もちろん、ある程度まで)。ピラティスは、日常生活に取り入れることができる、影響の少ない素晴らしい運動です。(新しいトレーニングプログラムを開始する前に、必ず医師に相談してください。)クイックピラティス・ワークアウトはマットの上であなたの体を調子を整えることができます。

8 ピラティスは減量を促進することができます

あなたが定期的にピラティスを練習するならば、それはあなたの体を変えるでしょう。長くて強い筋肉を作ることで知られるピラティスは、筋肉の緊張を改善し、筋肉のバランスを取り、美しい姿勢をサポートし、簡単で優雅に動くことを学ぶことができます。

ピラティスのエクササイズは、全身の筋肉をバランスよく鍛えることが特徴です。筋肉量の増加は、基礎代謝率の向上と脂肪燃焼につながります。ピラティスの運動によって筋力が増強されると、日常生活や他の運動においてもより多くのカロリーを消費することができます。さらに、ピラティスの流れるような動きと連続した呼吸は、酸素供給を促進し、エネルギー消費をサポートします。

ピラティスのエクササイズは、特にコア(腹部、背中、骨盤周り)の筋肉を重点的に鍛える効果があります。コアの強化は、姿勢の改善やウエストの引き締めにつながります。ピラティスの動きは、インナーマッスルと呼ばれる深層筋を効果的に刺激し、腹筋や背筋の強化を促します。これによって、腹部の引き締めやウエストのシェイプアップが期待できます。

ピラティスのエクササイズには、柔軟性の向上にも効果があります。ストレッチやリラックスした動きを組み合わせることで、筋肉の柔軟性を高め、関節の可動域を広げます。柔軟性が向上することで、身体の可動性が増し、正しいフォームでエクササイズを行うことができます。また、ピラティスのエクササイズは、筋肉を引き締める効果もあります。長く引き締まった筋肉は、シルエットを美しく見せるだけでなく、代謝を高めて脂肪の燃焼を促進します。

ピラティスのエクササイズは、運動後のエネルギー消費が比較的高いと言われています。運動中の筋肉の疲労や回復のためにエネルギーを消費するだけでなく、運動後も基礎代謝が一時的に上昇するため、カロリー消費が続きます。このポストワークアウトのエネルギー消費効果は、ダイエットや体重管理において重要な要素となります。

このように、ピラティスは、持続的なエクササイズプログラムとしても優れています。低負荷ながら効果的な運動であり、怪我や過度の負荷を心配することなく継続的に取り組むことができます。また、ピラティスのエクササイズは、室内で行うことができるため、天候や環境に左右されずに実践できます。これによって、忙しい日常生活においても継続的なトレーニングが可能となります。

これらすべてのことで、見た目も気分もとても健康になります。減量の公式は、あなたが摂取するよりも多くのカロリーを燃焼する必要があります。全身のフィットネス方法として、ピラティスはあなたがそれをするのを助けることができます。有酸素運動と健康的な食事計画を 組み合わせることで、ピラティスは主要な減量と体の調子を整えるツールになります。始めるには、グループのピラティスクラスを調べたり、ピラティスをワークアウトルーチンに組み込む方法を読んだり、物理的なトレーナーに会って、減量のためのピラティスワークアウトの設計を手伝ったりすることができます。

9 ピラティスは体と心を統合します

ジョセフ・ピラティスは、ピラティスが「体、精神、精神の完全な調整」についてであると断固として主張しました。これがピラティスエクササイズの秘訣です。細心の注意を払って各運動を練習すると、体と心が一体となって、各運動から最大限の利益を引き出します。ピラティスは、体と心を統合するために、センタリング、集中、制御、精度、呼吸、流れの6つの主要な原則を使用しています。

また、2013年に中国で研究が行われ、科学者はピラティスのエクササイズ中の脳活動の変化を測定しました。 彼らは、ピラティスのトレーニングを10週間行った後、脳のアルファピークパワーが増加することを発見しました。これは、問題を考えて解決する能力に影響を及ぼします。 これは、学習、記憶、思考に影響を与える脳変性疾患や認知機能障害を持つ人々を助けるための便利な方法かもしれません。

10 あなたの血液循環を改善します

ピラティスの実践によって得られる効果は、血流の改善、酸素供給の増加、老廃物の排出促進など多岐にわたります。ピラティスのエクササイズには、体内の血流を促進する効果があります。適度な運動によって心臓が活性化し、血液が効率的に全身に送られることで、組織や臓器に酸素や栄養素が適切に供給されます。

特に、ピラティスの流れるような動きや連続した呼吸パターンは、血流をスムーズにし、循環系の健康を促進します。ピラティスのエクササイズは、酸素供給の増加にも寄与します。深い呼吸と運動を組み合わせることで、肺の活動量が増え、血液中の酸素濃度が高まります。酸素は細胞の代謝に欠かせない要素であり、酸素供給の増加によって細胞が適切に機能し、身体全体の健康を維持することができます。

ピラティスの運動によって筋肉が活性化されると、老廃物や毒素の排出が促進されます。血液中の老廃物は、リンパ系を通じて排出されるため、リンパ液の流れがスムーズでないと排出が妨げられます。ピラティスのエクササイズは、リンパ液の流れを促進し、老廃物の排出を助けることで、身体の浄化と免疫力の向上に寄与します。

ストレスは循環系に悪影響を与える要因の一つです。長期間のストレスや緊張は、血圧の上昇や血管の収縮を引き起こし、循環系の負担を増加させる可能性があります。ピラティスのエクササイズは、身体と心のリラックスを促し、自律神経のバランスを整える効果があります。これにより、循環系へのストレスが軽減され、血液の循環がスムーズに行われるよう支援します。

血液循環の改善は、運動パフォーマンスの向上にも繋がります。運動中に筋肉に必要な酸素や栄養素を十分に供給することで、筋力や持久力の向上が期待できます。また、老廃物や乳酸の排出がスムーズに行われるため、筋肉の疲労感や回復時間の短縮にも寄与します。ピラティスのエクササイズは、全身の筋肉を均等に鍛えるため、バランスの取れたパフォーマンス向上に役立つでしょう。

ラティスは、血液循環に対して多くの利点をもたらします。血流の改善、酸素供給の増加、老廃物の排出促進などを通じて、身体の健康と調和を促進します。また、ストレス軽減や運動パフォーマンスの向上にも貢献します。ピラティスの実践によって、健康な循環系をサポートし、身体全体の調子と生活の質を向上させましょう。ただし、個々の健康状態や制約に応じた指導や医師の助言を受けることが重要です。

さらに、身体の柔軟性が高いほど、血液の循環が良くなります。血液は体の中をより自由に流れることができるからです。 これは、細胞の成長、臓器の機能を促進し、より健康な肌を提供するのに役立ちます。ジョセフが言うように、「ボディクリーニング」のために役立つといえます。

まとめ ピラティスの健康上の利点

ピラティスは、身体のコアを鍛えることに焦点を当てたエクササイズ法であり、その健康上の利点は数多くあります。ピラティスの実践によって得られる効果は、姿勢の改善、筋力と柔軟性の向上、痛みの軽減、ストレスの軽減など多岐にわたります。

  1. 姿勢の改善: ピラティスは、姿勢の改善に効果的です。正しい姿勢を維持するために必要な筋肉を鍛えることで、背骨のアライメントが改善され、健康な姿勢が促進されます。正しい姿勢は、腰痛や首の痛み、頭痛などの問題を軽減し、身体のバランスと機能を向上させます。例えば、長時間のデスクワークやスマートフォンの使用によって引き起こされる姿勢の悪化や首・肩の緊張などに対して、ピラティスのエクササイズは緊張を解放し、正しい姿勢を維持するための筋肉を鍛えます。これにより、姿勢の改善と関連する症状の軽減が期待できます。
  2. 筋力と柔軟性の向上: ピラティスは、全身の筋力と柔軟性を向上させるためのトレーニング法です。適切なフォームと制御された動きにより、筋肉が均等に鍛えられ、バランスの取れた身体が形成されます。強化された筋肉は、日常生活の動作やスポーツ活動のパフォーマンスをサポートし、怪我の予防にも役立ちます。
  3. 痛みの軽減: ピラティスは、慢性的な痛みや運動器の問題に苦しむ人々にとって有益なアプローチです。ピラティスのエクササイズは、正しい姿勢と動きを通じて身体のバランスを整え、不必要な負担や緊張を軽減します。例えば、腰痛や肩こり、関節痛などの症状を改善する効果があります。
  4. ストレスの軽減: ピラティスの実践は、心身の状態をリラックスさせ、ストレスを軽減する効果があります。正しい姿勢の維持や深い呼吸、集中力の向上など、ピラティスの要素は心身のリラックスを促す効果をもたらします。また、ピラティスは瞑想や呼吸法を組み合わせることもあり、ストレス管理に役立つ総合的なアプローチとなります。
  5. 妊娠中のエクササイズとして効果的:ピラティスは、妊娠中の女性にとっても安全かつ有益な選択肢です。妊娠中は身体の変化があり、特に腹部や背中の筋肉を強化し、姿勢をサポートすることが重要です。ピラティスのエクササイズは、妊娠中の筋力や柔軟性を促進し、腰痛の軽減、姿勢の維持、骨盤底筋の強化などをサポートします。また、ピラティスは、高齢者にとっても有益なトレーニング法です。年齢とともに筋力や柔軟性が低下し、バランスや姿勢の問題が生じることがありますが、ピラティスはこれらの課題に対処するのに役立ちます。安定した動きと集中力を通じて、高齢者の筋力やバランスを向上させ、転倒予防や日常生活の動作の改善に貢献します。

このように、ピラティスは、姿勢の改善、筋力と柔軟性の向上、痛みの軽減、ストレスの軽減、妊娠中のサポート、高齢者の健康維持など、健康に対してさまざまな利点をもたらします。医師の視点から見ると、ピラティスは総合的なアプローチであり、身体の調和と心身の健康をサポートする重要なツールとなり得ます。しかし、個々の健康状態や制約に応じた指導や医師の助言を受けることが重要です。ピラティスの実践によって、健康的な身体と心のバランスを手に入れましょう。ピラティスは、適切な姿勢や運動の理解を深める教育的な要素も含んでいます。ピラティスの指導者は、身体のメカニズムや正しいフォームについての知識を持ち、個々のニーズや制約に合わせた指導を行います。これにより、参加者は自身の身体に対する理解を深め、日常生活や他の運動活動においても安全かつ効果的な動作を行うことができます。

ピラティスの健康上の利点を以下に箇条書きすると次のとおりです。

(1)柔軟性の向上
(2)特に腹筋、腰、腰、臀部(体の「コアマッスル」)の筋力と緊張の増加
(3)あなたの体の両側のバランスの取れた筋力
(4)背中と手足の筋肉制御の強化
(5)脊椎の安定性が向上しました
(6)姿勢の改善
(7)筋肉の不均衡に関連する怪我のリハビリまたは予防
(8)改善された身体的調整とバランス
(9)肩、首、背中上部のリラクゼーション
(10)関節や脊髄の損傷の安全なリハビリテーション
(11)筋骨格系傷害の予防
(12)深呼吸による肺活量と循環の増加
(13)改善された濃度
(14)体の意識の向上
(15)ストレス管理とリラクゼーション。

さあ、あなたも今日からピラティスをはじめてみませんか?

立川発イタリア溶岩ホットヨガピラティス専門スタジオontheshore

ピラティスの効果

立川ヨガ 立川エリア唯一の溶岩ホットヨガスタジオ「オンザショア」

東大和市のおすすめのヨガスタジオ

日野市のおすすめのヨガスタジオ

国立市のおすすめのヨガスタジオ

昭島・拝島(中神・東中神)のおすすめのヨガスタジオ

立川のおすすめのヨガスタジオ

立川北口のおすすめのヨガスタジオ

青梅市のおすすめのヨガスタジオ

福生市のおすすめのヨガスタジオ

国分寺・西国分寺のおすすめのヨガスタジオ

武蔵村山市のおすすめのヨガスタジオ

八王子市おすすめのヨがスタジオ

立飛駅おすすめのヨガスタジオ

玉川上水駅のおすすめのヨガスタジオ

豊田駅のおすすめのヨガスタジオ

武蔵小金井のおすすめのヨガスタジオ

高幡不動駅のおすすめのヨガスタジオ

多摩センター駅のおすすめのヨガスタジオ

【監修者】 宮川涼
プロフィール 早稲田大学大学院文学研究科哲学専攻修士号修了、同大学大学院同専攻博士課程中退。日本倫理学会員 早稲田大学大学院文学研究科にてカント哲学を専攻する傍ら、精神分析学、スポーツ科学、文学、心理学など幅広く研究に携わっている。

WIHコロナ時代における運動のメリット(スポーツ庁)

PAGE TOP
ご体験予約