01 自律神経は老化する

30代から疲れや老いを自覚する機会が皆さん増えてきているかと思います。背景にあるのは、自律神経の老化。呼吸、心拍、血圧、体温を保ち、消化吸収やエネルギー代謝を司る自律神経が老いてきたら若さは保てません。

ところが、交感神経と副交感神経からなる自律神経のトータルPower(活動量)は10代をピークとして加齢と共に右肩下がりで低下することがわかっています。

その落ち具合はというと、トータルPowerは10代と比べると40代で半分、60代では1/4を下回るほど。男女の差もあり、60代までは男性の方が女性よりトータルPowerが高く、70代で男女差はなくなります。

自律神経の老化の引き金は、有害な活性酸素による酸化です。人は呼吸で酸素を取り込まないと生きていけませんが、その酸素の1~2%は活性酸素に変わります。自律神経に限らず、老化とは、酸化がもたらすものなのです。なかでも自律神経は1度傷つけられると2度と再生しません。

故に、年を追う毎に酸化ダメージが蓄積し続け、自律神経の機能が右肩下がりに低下していくのです。30代からは自律神経に負担をかけない穏やかな生活に心掛ける必要があるのです。

02 積極的な活動時間は一日せいぜい3時間

働き方改革やリモートワーク、在宅勤務が推進される毎日ですが、ビジネスパーソンの多くは一日10時間近く平気で働いている方も多いでしょう。現代のライフスタイルに馴染んでいると何もこのことに疑問を感じませんが、実はこれ、自律神経のリミットを遙かに超えているんです。

人が活発に動き回れるのは三時間が限界だと言われており、10時間も活動し続けるのは無茶な話なのです。当然、こういう生活を続けていると自律神経の老化を一層進める要因となるわけです。

確かに、デスクワークなどは活発に動いてはいないかもしれませんが、緊張を富もうアウェイな時間です。交感神経がオンになりやすく、自律神経が乱れがちになってしまいます。また、同じ姿勢を続けると血流が悪化して、それも自律神経には非常に有害です。

続く(お楽しみに♪)

スポーツ庁のコロナ禍におけるスポーツの効能について

最近の記事

  1. 3月のスケジュール【NEWS】

  2. 2月のスケジュール決定~夜のYOGAとスポーツチャンバラ始まります。

  3. クラウドファンディング始めました♪

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP