01 なぜ増やしたくないのに脂肪ばかりが増えるのか?

できれば音もなく消えて欲しい脂肪ですが、しっかり人体の身体のありとあらゆる部位に存在します。お馴染みの腹部(胴体)や四肢の他に頭にも、そして腸や肝臓と言った内臓やその周辺にも貯えられています。この脂肪がどこにつくかは遺伝子に設計されており、指先のように脂肪がつきづらい部位もあれば内臓周辺のようにつきやすい部位があります。

身体を覆う脂肪が増えれば体重が増加し、動きにくい、疲れやすいといった不自由さにも縛られます。その先はメタボリックシンドローム(メタボ)やロコモティブシンドローム(ロコモ、注1)にも繋がり、容姿だけでなく健康さえも害してしまいます。

注1)「運動器の障害のために移動機能の低下をきたした状態 」のことを示し、要介護の原因ともなる。

では、なぜこれほど厄介なものが身体につきやすいのか。数百万年とも言われる人類の歴史は、実は常に飢えとの闘いでした。日本が「飽食の時代」に突入したのはわずか40~50年前のことです。それ以前の我々の身体は飢餓対応モードのままなので、使わないエネルギーは脂肪としてため込まれるという仕組みをとっていました。いつ危機に直面しても生き残れるようにエネルギーの貯蔵庫の役割を担っていたのです。

現代社会では脂肪は厄介者と倦厭されがちですが、脂肪はため込む性能は圧倒的に優秀です。脂肪と共にエネルギー源となる糖は、筋肉が大きい人ほど多く貯えられるものの、大体400㌘前後、1㌘が4㎉ぐらいなので、1,600キロカロリー程度しかカロリーをため込めません。それに対して、脂肪は体内に15㎏ほどは軽く貯えることができる飢えに、一㌘は9㎉ぐらいですので、135,000カロリーもため込められるのです。これはフルマラソンを47回走れるほどのエネルギーに相当し、ちょっとやそっとでは使い切れません。

しかし、交通網や通信網が発達し、身体をほぼ動かさずとも生活できる現代社会では、脂肪細胞に貯蔵されたエネルギーどころか、その日食べたもののエネルギーでさえ使えきれません。運動習慣がないのに余ったエネルギーはせっせと脂肪細胞へとストックされていく。太り続けるのも現代人にとっては当たり前のことなのです。

続く

スポーツ庁のコロナ禍におけるスポーツの必要性

最近の記事

  1. 3月のスケジュール【NEWS】

  2. 2月のスケジュール決定~夜のYOGAとスポーツチャンバラ始まります。

  3. クラウドファンディング始めました♪

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP