ホットヨガで体の不調を改善

溶岩ホットヨガにはさまざまな体の不調を改善する効果が期待できます。その中でも代表的なものをいくつか紹介していきたいと思います。

不眠症

不眠症の改善にお勧めなのがホットヨガ。不眠症で悩む人のほとんどが冷え性に原因があるといわれています。特に体が冷える夜間はよく眠れないものです。暖かい昼間、ぽかぽかと暖かい日光にあたっているときや、暖房の効いた電車内などにいるときは、ウトウトとしてしまう方も多いかもしれません。不眠症の人は布団に入ってもなかなか眠ることができないことが多いと思いますが、一旦ね言っても、気温、体温が最も下がる早朝前などに目を覚ますことも多いと思います。午前3時~午前5時ころに目が覚めてしまい、二度寝をして体調がつらくなることも多いでしょう。寝入る直前や気温、体温が下がる時間に、体を温めるべき熱が頭に上がってしまい、脳が興奮状態になり、寝付けない、目が覚めるという経験があると思います。

こうした不眠の原因は、神経の高ぶりと冷え。神経を落ち着け、体を温めればぐっすりと眠れるようになります。日中は努めて体を動かし、体を適度に疲れさせると同時にヨガなどの適度な運動を通して筋肉運動で発熱を促します。また、溶岩ホットヨガの遠赤外線で、体を温めるのも大変効果的です。特にオンザショアの場合、夜のヨガのレッスンがあるため、寝る前にぬるま湯につかったように体を温め、睡眠を促進する効果が期待できます。最近少し不眠気味あるいは寝不足だという方におススメしたいのが夜のホットヨガなんです。

腰痛

血行不良と筋力低下が原因の腰痛にはホットヨガがお勧めです。リモートワークやテレワークなどが浸透して、益々、長時間のデスクワークを行うようになった人も多いかと思います。通勤や外回りが減り、体を動かす機会がなく、一日中同じ姿勢をしていることも少なくないかもしれません。立っている状態なら足が一番下になり、体内の水分が下へと流れていきますが、座った状態が続くと、腰に水分が溜まり、腰が冷えやすくなってしまいます。もちろん、血行も悪くなってしまいます。

さらに腰回りや腰から下の筋力低下により骨を支える筋力が低下し、骨がずれてしまい腰骨の傍を通る坐骨神経を圧迫してしまうこともあります。そんなときに、ヨガを行うと筋力強化だけではなく、正しい姿勢への改善、ホットヨガ環境下での血行促進作用が期待でき、腰痛を改善することが可能です。

頭痛

頭痛がひどくなると吐いてしまう人がいます。これは、胃液を捨てて体内の余分な水分を減らそうとする身体の働きによるもの。頭痛は体内に存在する余分な水分が体を冷えさせた場合にも起きるのです。慢性的な頭痛に悩まされている人の多くは、このケースに当てはまり、不必要に水分を摂りすぎ、水分をきちんと排出できていない場合があります。発汗作用の強い溶岩ホットヨガで汗をかき、余分な水分の排出を促進させましょう。また、ホットヨガで体を温めることで、頭痛が根治する作用もあります。安易な鎮痛剤の使用は、鎮痛作用ばかりではなく、解熱作用がマイナスに働き、体の熱を下げてしまい、余計に慢性的な頭痛を引き起こす可能性もあります。ぜひ溶岩ホットヨガで、発汗し、体を温め、根本から頭痛を改善してみましょう。

溶岩ホットヨガについて

ヨガの効果について

海が見える丘の上で、ヨガのポーズ(戦士のポーズ)を取る女性

立川ヨガ ヨガ立川 立川エリア唯一の溶岩ホットヨガスタジオ「オンザショア」

東大和市のおすすめのヨガスタジオ

日野市のおすすめのヨガスタジオ

国立市のおすすめのヨガスタジオ

昭島・拝島(中神・東中神)のおすすめのヨガスタジオ

立川のおすすめのヨガスタジオ

青梅市のおすすめのヨガスタジオ

福生市のおすすめのヨガスタジオ

国分寺・西国分寺のおすすめのヨガスタジオ

昭島・拝島(中神・東中神)のおすすめのヨガスタジオ

武蔵村山市のおすすめのヨガスタジオ

立川北口のおすすめのヨガスタジオ

スポーツ庁の運動による免疫力向上の向上についてのコメント

最近の記事

  1. 11月のレッスンスケジュール

  2. 10月のレッスンスケジュール

  3. 9月のレッスンスケジュール

カテゴリー

Instrutor MOMOKO

ontheshore Twitter

SNSフォロー

PAGE TOP