ホットヨガとヨガ

ホットヨガとヨガの違いについて

ホットヨガの始まり

ホットヨガは普通のヨガと違い蒸し暑い環境の中で行います。ヨガの発祥地インドの気候に似せることでより、ポーズをとりながら、その効果をより心身に働きかけることができます。

もともとホットヨガというものは非常に新しいもので、ホットヨガの創始者ビクラム氏が日本に来て、冬の寒さに驚き、「これではインド本土でやっているヨガは実践できない」という悩みから生まれた最先端のヨガです。

立川発のイタリア溶岩ホットヨガ&ピラティス『オンザショア』オンザショア
インド本土でのヨガと日本でのヨガの違いは気候にあった!

ヨガはインド発祥のものですが、インドは、首都デリー(ニューデリー)での年間平均気温は約25℃、平均最高気温が約32℃で、平均最低気温が約18℃です。

更に、一年で最も気温が高いのが5月〜6月で平均最高気温は40℃前後、一年で最も気温が低いのが1月で平均最低気温は約7℃前後になります。

インドと日本の気候の違いを一言で表現すれば、四季の日本に対して、インドは雨期・乾期の2季しかないことです。

日本のように秋が深まる時期から冬、そして初夏になるまでの春は、インドと比べて非常に寒い環境となります。

このような環境を前提にヨガは構成されているので、インド本国で培われてきたヨガのレッスンを日本にそのまま輸入すること自体が非常に問題がありました。

そこで、ビクラム氏は当初、とりあえず、スタジオ内を暖めてしまえばいい、ということで、ホットヨガというインド国外でもインドのヨガスタイルが通じるメソッドをアメリカ西海岸を中心に広めていきました。

立川発のイタリア溶岩ホットヨガ&ピラティス『オンザショア』オンザショア
ビクラムヨガを溶岩ホットヨガで日本へカスタマイズ

しかし、それから時間は経ち、ビクラム氏が考えていた以上に、インド本土と同じような環境を整える設備や方法が編み出され、さらにビクラム氏はあくまでもアメリカ西海岸という、どちらかというと、日本よりインドに近い気候でのホットヨガを指導していたので、若干のずれが生じてきました。

また、ビクラム氏は、あくまでも暖房などで外気を温めれば良いという発想でしたが、トップページでもご説明させて頂きましたとおり、外気で幾ら暖房の熱風を当てても表面しか温まらず、その効果はすぐに消えてしまいます。

そこで、オンザショアでは、日本独特の気候に合わせたイオン設定や外気で温風を当てて「汗をかいた気分にさせる」だけのホットヨガ店舗とは一線を画し、イタリア、豊富なミネラルとバナジウムを保有している溶岩石を温め、温められた溶岩石から遠赤外線を放出させることで、外気で温めるのではなく、遠赤外線という熱線で身体の内側から芯から温めるというやり方を考案しました。

その結果、暖房などの外気で温められるのとは違い、まるで長時間のマラソンをしたときのように、アポクリン腺から汗が排出され、体内毒素や皮脂のつまりなども汗と一緒に排出されるようになります。また、一度温められた身体の熱は少しづつ下がっていきますが、72時間持続します。本当に芯から温まっているんですね。

立川ホットヨガ・ピラティス専門スタジオ『オンザショア』 | イタリア溶岩を使用したホットヨガ
ホットヨガの強化版としての溶岩ホットヨガ

有酸素運動効果が高い

さて、呼吸法についてですが、ホットヨガも鼻から吸い、鼻から吐くという呼吸法は普通のヨガと変わりません。しかし普段より暑い中でそれを行いながら連続的にポーズをとるので、有酸素運動の効果が高まり、脂肪が燃焼しやすくなります。オンザショアで全自動換気システムをつけているのは、ホットヨガの環境だとしっかり換気をしていないと若干息苦しくなる可能性があるからです。それを全自動化にシステムで補っています。すると、呼吸の負荷は強いものの、絶えられないということはなく、むしろ心地よい疲労感を感じつつ、ホットヨガでは約1時間のクラスで大体300~350Kcal消費することができるといわれています。これは、ジョギング35~45分に匹敵します。つまり、一時間思いっきり走るのと同じ効果が得られるわけです。

立川発のイタリア溶岩ホットヨガ&ピラティス『オンザショア』オンザショア
ホットヨガはジョギングを超える効果が!

汗をかく

ホットヨガでは高温多湿の環境でヨガを行うので、汗をたくさんかきます。それも、溶岩の遠赤外線の熱で温まるので、アポクリン腺が開き、ただの水分ではない、老廃物や毒素、詰まっている皮脂などを排出するいい汗をかきます。その上、他のありとあらゆるエクササイズの中でもホットヨガの発汗量は段違いですから、その効果は自ずとわかって頂けるかと思います。アポクリン腺から汗をかくことでデトックスや毛穴の詰まりの解消、ダイエットなどに非常に効果があり、気分もスッキリとリフレッシュします。

立川発のイタリア溶岩ホットヨガ&ピラティス『オンザショア』オンザショア
大量の発汗で気持ちもリフレッシュ

かく汗の種類が違う

既に説明していますように、溶岩ホットヨガとホットヨガにも大きな違いがあり、その違いはかく汗の違いでした。溶岩の遠赤外線で熱せられたカラダは「アポクリン腺」から水分以外の塩分や脂肪、アンモニアなどを含む体内毒素や皮脂など余分なものを排出する汗が流れます。ただ汗をかくだけでは、カラダの水分を失ってしまうだけですが、溶岩によってカラダの内側からじんわりと温められたカラダは「アポクリン腺」から不純物を体外へ排出してくれるのです。

ポーズの強度が高くなる

普段よりも体に負荷がかかるので、同じポーズでも常温のヨガより強度が高くなります。少しの運動でたくさんカロリー消費ができるのは、ホットヨガの魅力の一つです。新陳代謝が活発になり、多量の汗をかくことができます。ですから、ホットヨガは、むしろヨガ初心者の方やヨガをやるほど身体が柔らかくないという方や体力に自信が無い方でも安心して取り組めるのです。

立川発のイタリア溶岩ホットヨガ&ピラティス『オンザショア』オンザショア
ヨガのポーズの効果もホットヨガでは効果が飛躍的にUP

溶岩ホットヨガの3つの効果

オンザショアでは、単なるホットヨガをご提供するのではなく、ホットヨガの進化形として、イタリアのバラルティーナという溶岩石を用いた溶岩ホットヨガを取り入れています。

立川発のイタリア溶岩ホットヨガ&ピラティス『オンザショア』オンザショア
溶岩ホットヨガの3つの特徴

この溶岩ホットヨガの主な利点を紹介すると、

1 溶岩石からは、遠赤外線が放射されます。その遠赤外線の効果で体の芯からポカポカと温まることができるので、血行がよくなります。新陳代謝も活発になるので、ダイエットに効果的なのです。アポクリン腺から体内に蓄積された老廃物や毒素も排泄されますので、デトックスや美顔・美肌に効果抜群

立川ホットヨガ・ピラティス専門スタジオ『オンザショア』 | イタリア溶岩を使用したホットヨガ

2 溶岩石から放出されるマイナスイオンは森林にいる時と同じ量のマイナスイオンが発生していますので、森林浴をしているようなリラックス効果を味わうことができます。また、マイナスイオンは体をアルカリ性に保ち、細胞内に酸素と栄養素を吸収しやすくします。その他、老化の原因となる活性酸素を抑えアンチエイジングに効果的です♥

立川ホットヨガ・ピラティス専門スタジオ『オンザショア』 | イタリア溶岩を使用したホットヨガ

3 溶岩には、多種多様なミネラルが含まれており、亜鉛やバナジウム、鉄、マグネシウムなど美容や健康に効果的な鉱石ミネラル、とりわけ溶岩石特有のバナジウムが豊富に含まれています。また、バサルティーナの溶岩には亜鉛が多く含まれており、亜鉛には新陳代謝の活性化や美肌効果、血中コレステロールの調整などの効果があります♥

立川ホットヨガ・ピラティス専門スタジオ『オンザショア』 | イタリア溶岩を使用したホットヨガ

WITHコロナの時代、運動不足、冷え性、ダイエット、アンチエイジング、美肌や便秘解消、快眠、普段の疲れのリフレッシュ等々様々な問題がクローズアップされてきています。そんな中だからこそ、初心者にも優しいオンザショアの溶岩石ホットヨガで、コロナに負けない免疫力と抵抗力、そして、美しさを手に入れてみませんか?

High Qualityのヨガのポーズをホットヨガで体験して♪