2種類の汗の違い

2種類の汗による違い

汗は、皮膚にある汗腺という器官から出てきます。汗腺には「エクリン腺」「アポクリン腺」の2種類があり、それぞれに汗の性質や汗を出す仕組みが異なります。

エクリン腺からかく汗の正体はただの水分

「エクリン腺」からかく汗は、皮膚のすぐ裏から出る汗で、無色透明です。通常のホットヨガや夏場の蒸し暑い日にかく汗がこれに該当します。汗の正体はほぼ水分で、幾ら汗をかいても単に体内の水分がなくなるだけ。一方、「アポクリン腺」からかく汗は身体を内側からじっくり温めたときに真皮層の深部から出てくる汗で、塩分や脂肪も入っています。長時間のマラソンやエクササイズでかく汗がこちらに該当します。

アポクリン腺からでる汗は体内毒素や老廃物、皮脂などの不純物

「アポクリン腺」から出る汗は、その色からもわかるように、水分以外に塩分や脂肪、アンモニアなどを含む体内毒素や老廃物など、身体の不純物。また、「アポクリン腺」は、毛穴に詰まった皮脂や老廃物も押し流す役目を果たすため、高いデトックス効果を発揮します!

溶岩ホットヨガでは、遠赤外線で身体がゆっくり時間をかけて温まっていくため「アポクリン腺」から汗をかくことができ、長時間のマラソンやエクササイズをした時と同等の効果が短時間で得られるのです。

もう外気で外側だけを温める効果のないホットヨガとはサヨナラして♪

TOPへ戻る