ボクササイズの効果

シェイプアップ効果

ボクササイズのプログラムは、パンチやステップワークなど、さまざまなメニューをハイテンポで実践します。上半身から下半身まで全身を満遍なく動かすので、発汗作用が高く、脂肪燃焼効果に期待できます。有酸素運動と無酸素運動を組み合わせたボクササイズは、1回の運動効果は高いものの、身体の軽さや体調の変化を感じるのは、少なくても週2〜3回ペースを1ヶ月継続することが大切です。

「早く効果を実感したいから毎日取り組みたい」という意気込みも大切ですが、いきなりハードルを上げすぎてしまうと、挫折をする原因にもつながるので、まずは週2〜3回など、無理のないペースで続けましょう。

なんといっても、ボクササイズを続けると、基礎代謝が上がり太りづらく痩せやすくなります。脂肪燃焼はもちろんのこと、筋肉量がアップするため基礎代謝の向上に期待できます。基礎代謝が上がることで、エネルギー消費の効率が良くなり、太りづらく痩せやすい身体が手に入るのです。

女性の場合、「ムキムキになりたくない」という方も多いでしょう。安心してください。男性ホルモンでも注射して、ゴールドジムで毎日ダンベルやバーベルを用いて8レップスで限界になる高負荷の筋力トレーニングを続けない限り、ボディビルダーのような体型にはなりません。

むしろ、ボクササイズは、筋肥大や筋力UPするというより、有酸素運動の一種であり、脂肪の減少と若干の筋肉量のアップやパンチやフットワークの動作により、ヒップアップや二の腕のたるみ、太もものシェイプアップなどに効果的なのです。なので、バレリーナのような女性らしいしなやかな身体が手に入ります。

繰り返しになりますが、ボクササイズは有酸素運動なので、「ボディを引き締めたい」という女性だけでなく、「最近お腹が出てきて…」という男性の方にもオススメです。

アンチエイジング効果

ボクササイズは、効率の良い体をつくってゆく要素がたくさんあります。その大きな一つとして、ボクササイズトレーニングをしていると、嬉しい事に脳から成長ホルモンが分泌されます。

近年、成長ホルモンはダイエットだけではなく、アンチエイジングとしても注目されています。脂肪を分解しエネルギーに変えたり、筋肉などの細胞を再生させる為のホルモンが成長ホルモンです。成長ホルモンは、睡眠中か運動時に分泌されます。運動の中でも有酸素運動より、無酸素運動時に分泌される事が解っています。

成長ホルモンが分泌されている時に、有酸素運動をおこなうと、より脂肪燃焼効果が高くなります。ボクササイズは有酸素運動+無酸素運動+成長ホルモンによるダイエット&アンチエイジングを実現できるのです。年齢と共に減ってゆく筋肉を補いつつ、体を引き締め、皮下脂肪も内臓脂肪もなくしてゆき、成長ホルモンによって、見た目も内面も若々しく変化していきます。未来を見つめて、美しく痩せて新しい自分を見つけましょう。

ストレス解消効果

ボクササイズは高い発汗作用があり、プログラム終了後の達成感がとても気持ちいいと評判です。また、パンチやフットワークのリズミカルな動作は日常生活で抱えているストレスを解消できます。プログラム終了後には間違いなく達成感と充実感で心が満たされているでしょう。全身運動なので疲労は感じますが、その心地よい疲労がその日の快眠を促します。さらに、動きに慣れるといつのまにか筋肉痛も感じなくなり、日常生活でも疲れにくくなるほどスタミナがついてきます。

筋力トレーニングや食事制限を好む方は少ないはずです。我慢をしながら続けるのは、とてもストレスが溜まり、自分の中で限界を迎えると、暴飲暴食などリバウンドを引き起こす行動をとってしまいます。一方、ボクササイズは楽しく継続できることから、ストレスを溜めずに実践できます。「これからも美ボディのままでいたい」と思っている方にオススメです。また、大きな声を出したり、好きな音楽をかけながら実践できるので、運動することが楽しくなります。気持ちをリフレッシュしたいと思っている方にも最適です。