ピラティスとは?

1 ピラティスとヨガの違いとは?

ピラティスは、ヨガと並んで女性に人気のエクササイズです。どちらかを体験してみたいと考えている方も多いはず。しかし、改めて考えてみると分かりにくいのがピラティスとヨガの違いです。先に一言で両者の違いについて説明すると、ヨガが修行や精神安定、メンタルケア、心身を整えるために行うものであるのに対して、ピラティスは、インナーマッスルを鍛えるエクササイズです。

端的にまとめてしまうと、ヨガは精神面を重視したエクササイズ、ピラティスは身体の筋肉を重視したエクササイズという違いがあるのです。

立川発のイタリア溶岩ホットヨガ&ピラティス『オンザショア』オンザショア
ピラティスとヨガの違いについて

2 ピラティスの誕生秘話

もともと、ピラティスは、リハビリのために考案されたエクササイズです。ピラティスが誕生したのは第一次世界大戦中。イギリスの捕虜の兵士を収容する施設で、戦争で負傷した人のリハビリ目的でピラティスは考案されました。

ピラティスを生み出したのは、ドイツ人の従軍看護士であったJoseph Pilates(ジョセフ・ピラティス、以下カタカナで表記します)。ピラティスの名前も彼の名前にそのまま由来しています。

ジョセフ・ピラティスは限られた設備しかない捕虜収容施設のベッドの上でも、負傷した場所のリハビリを行えるようにピラティスのエクササイズを開発しました。

幼少期、リウマチ熱やくる病を患い、病弱だった彼は、病気を克服するためボクシングや体操、ヨガ、スキー、ダイビングなど様々なスポーツに取り組み、強靭な肉体を手に入れました。

その後、彼は体操選手になるためのトレーニングを行い、それがサーカス芸人のキャリアに繋がります。19世紀終わりから20世紀の初頭にかけては、筋肉質な男性と女性は憧れの対象ではなく、変わり者と捉えられていました。ピラティスも例外ではなく、あくまで当時はいわゆる「サーカス芸」とみなされていました。

しかし、その後ピラティスは大きな転機を迎えます。第一次世界大戦が勃発した1914年に、ジョセフ・ピラティスはドイツのサーカス団と共に英国を巡業してていましたが、敵国人として逮捕されてしまいます。そして、収監されたイギリスのマン島収容所で、後に彼の名が付けられた独自のワークアウトメソッドが確立されたのです。

立川発のイタリア溶岩ホットヨガ&ピラティス『オンザショア』オンザショア
マン島収容所で生まれたピラティス

ジョセフ・ピラティスは、収監時代、暇つぶしに島の痩せこけた猫たちがネズミや鳥を追いかけているのを眺めていると、そのエネルギーと敏捷性に驚嘆しました。それは、マン島に収容されている人々の身体的、精神的状態とは大きくかけ離れたものでした。

そこで、ピラティスは猫の動きを研究し、頻繁なストレッチが猫たちに活力を与えていると結論付けました。そしてピラティスは、人間の筋肉を伸ばすための一連の運動を考案しはじめ、収容所にあった病院のベッドを利用して、荒削りながらもワークアウト器具を作り上げます。

立川発のイタリア溶岩ホットヨガ&ピラティス『オンザショア』オンザショア
ジョセフ・ピラティス

自分の身体で試した結果に満足したピラティスは、その療法を収容所の囚人たちにも教えました。まさに、囚われの聴衆を相手に指導していたのです。

こうした彼の収監時代の経験をもとに開発されたピラティスは、第一次世界大戦中に兵士のリハビリとして用いられるようになります。ピラティスを実践していた兵士たちは、世界最大のパンデミックとよばれる「スペイン風邪」が流行した当時、誰一人スペイン風邪で命を落とさなかった、という逸話もあるほどです。

3 アメリカでのピラティスブーム

戦後、ジョセフ・ピラティスはアメリカに渡り、ニューヨーク8番街にあった建物の3階スペースに住まいを構えます。そのすぐ隣では、ニューヨークシティ・バレエ団がリハーサルを行っていました。

そのアパート兼ジムのスペースに、ピラティスは現在のリフォーマーやキャデラックの初期モデルを次々と設置しはじ。ピラティスはすぐに、名ダンサーのジョージ・バランシンとマーサ・グラハムと仕事をするようになり、2人は、バレエ団員が怪我をするたびに、リハビリのためにピラティスのもとへ送り込んだ。そして最終的には、怪我の予防のための指導を頼むようになりました。

ピラティスの評判は次第にハリウッドにも及び、皆さんもご存じのハリウッドの名女優キャサリン・ヘプバーンやローレンス・オリヴィエなどのスターたちも顧客に加わっていきます。

立川発のイタリア溶岩ホットヨガ&ピラティス『オンザショア』オンザショア
アメリカでのピラティスブーム

ピラティスは、アメリカ人のライフスタイルを猛烈に批判していました。デスクでの座り方、動き方、野球などのスポーツに対する愛情でさえ、身体のバランスを崩していると指摘しました。

彼は1962年、アメリカのスポーツ週刊誌『スポーツ・イラストレイテッド』にこう語っています。

「アメリカ人は時速1000キロで進みたがるくせに、歩き方すら知らない。路上の人々を見てください。腰を曲げて咳き込んでいます。そしてあの血色の悪い顔! なぜ彼らの姿は動物と違うのでしょう? 猫やその他の動物を見てください。おなかが出ている動物は、豚くらいなものです!」

ピラティスは、独自メソッドで身体と心を完璧に調和させることで、アメリカ人を健康にできると信じていました。

「胃の筋肉を動かして身体を絞れば、風邪をひいたり、ガンになったり、ヘルニアになったりすることはないのです」

こうしてピラティスはニューヨークにて完成し、「コントロロジー」と名付けられました。

性格の激しいピラティスは、たとえ顧客であっても不満を感じると「出て行け!」と容赦なく言い放ったそうです。彼は片目が義眼だったが、それはボクシング事故が原因だったという人もいます。

義眼とふさふさの白髪のピラティスは、まるで漫画のキャラクターのようだったが、毎日1リットル以上のアルコールを飲み、15本の葉巻を吸う豪快な男でもあったそうです。

ピラティスは1967年に86歳で亡くなるまで、ほんの一握りの弟子しか指導しませんでした。

しかし彼ら弟子たちは、独立して自分のスタジオをオープンし、多くの後進を育てた。ピラティスのワークアウトはアメリカ全土の数か所のジムで静かに続けられ、支持者の多くは、柔軟で強靭な肉体を保つ必要のあったダンサーたちでした。

ピラティスがニッチなワークアウトからメジャーなものへと急拡大したのは、アメリカ人が心臓と身体を激しく動かすエアロビクスと重量挙げに飽きた1990年代のことです。

立川発のイタリア溶岩ホットヨガ&ピラティス『オンザショア』オンザショア
インナーマッスルの重視

フィジカルマインド・インスティチュートの創設者で、50年以上ピラティスを実践してきたジョアン・ブレイバートはこう語っています。

「ピラティスはすべてにおいて、当時の標準的な運動に異議を唱えるものでした。重量化ではなく、軽量化。スピードアップではなく、スローダウンを目指したのです」

1990年代に、ユマ・サーマンやシャローム・ハーロウといった女優やモデルがピラティスを支持したことで、ピラティス需要は一気に急増しました。

4 ピラティスの本質

少し話が長くなってしまいましたが、ピラティスは、このような歴史を持っているため、そのエクササイズは、ケガからの回復のための筋肉の強化や、身体のラインを整えるために効果を発揮します。

ピラティスは、呼吸と共に背骨やインナーマッスルを動かし、深く集中した状態を作ることで脳の神経を刺激しながら人間が本来持っている機能を正常化し、生きるための活力を最大限に引き出しますことを目的にしています。

立川発のイタリア溶岩ホットヨガ&ピラティス『オンザショア』オンザショア
しなやかなカラダを作るピラティス

ピラティスのエクササイズは、スポーツジムのトレーニングのように体の一部分に「負荷」を加えて強くするものではなく、戦傷兵であり、アメリカのマッチョ主義に反発したジョセフ・ピラティスが考案した通り、リハビリやカラダの軽量化、しなやかさの追求を目的に作られた身体と心のコントロール術です。そのため、運動経験や老若男女に関わらず安心して続けられるものとなっています。

ピラティスの3つの特徴