ヨガの始まりは、今からなんと約4500年前にも遡(さかのぼ)ります。世界最古の文明は、今から約5000年前のエジプトのナイル川流域におきたエジプト文明と、西アジアのチグリス・ユーフラテス川流域におきたメソポタミア文明でした。ついで、今から約4500年前の今のパキスタンであるインダス川流域のインダス文明、今から約3500年前の中国の黄河流域の中国(黄河)文明と言われる文明が発祥し、これらの4つの文明を4大文明ということは社会や世界史の授業で学ばれた方も多いかと思います。

そして、ヨガは、この4大文明の一つである西遊記でもお馴染みのインドのインダス川流域で生まれたインダス文明で誕生しました。ゴダイゴが「ガンダーラ」で歌った「そこに行けば/どんな夢も/かなうというよ/誰もがみな行きたがるが/遙かな世界/その国の名はガンダーラ」でも神秘のインダス文明です。今の若い方にはMONKEY MAJIKの方がしっくりくるかもしれませんね。

そんな歴史あるヨガですが、今ではヨガ人口は世界で3億人以上とも言われており、日本でも愛好者は年々増え続けています。では、なぜヨガはこんなに長く、多くの人に愛され続けているのでしょうか。その理由として考えられることの1つに、ヨガは、ダイエット効果や美容効果だけでなく、姿勢改善や免疫力アップといった健康面の効果から、ストレスの解消といった内面への効果まで、様々な効果が期待できるという、ニューノーマルな時代を生きる現代人にとって、とりわけWITHコロナ時代を生きていかなければならない私たちにとって非常に役立つツールであるということだと思います。

今回は、そんな現代人にとって必須のエクササイズであるヨガの効果について、説明していきたいと思います。そもそも、ヨガには大きく3つの効果があります。この3つの効果について説明しながら、既に触れている通り、ニューノーマルな時代を生き抜く秘訣、更にはWITHコロナ時代をしなやかに生き抜いていく必要のある我々にとって、特にコロナ感染防止のためにどのように役に立つのか、ということについて説明していきたいと思います。